浦和1-0神戸

ホームなのに、行かない、という決断を下した。
苦渋である。

理由は前節にある。

吹田のゴール裏でインフルを撒き散らしたやつがいたらしい。
詳しくはわからないが、どうもまだ外出許可が出る前なのに吹田にきたアホがいたらしい。
で、吹田で感染した人が多く、吹田から帰ってきてからインフルBになった人が続出した。
話はそれでは終わらない。
吹田インフルに感染した人が、次の週の埼スタに多く出没するのでは、という情報がSNS上を賑わした。

「熱下がったし、良いかぁ〜」
という感じで。

特にゴール裏なんて感染したっておかしくない環境。
その中、どうするか。
そんなもん、気にすんなという人だってもちろんいた。だから、仲間うちでは、今回は自己判断にしよう、と。

で、俺の判断は、行かない、だった。

これはね、苦渋ですよ、本当に。苦渋。

イニエスタ(結局また逃げた)を見たいからじゃない。
アウェイに行かない俺にとっては大事な大事なホームなわけ。行きたいに決まってる。

でも、だ。

小学生の息子に感染させるわけにいかない。
でもね、そんなリスク、どこだってあるわけだ。
スタジアムに限らず、電車だったり、人混みってのは普通にあるわけ。
もっといえば、息子が学校で感染してくる可能性だってある。
だからそんなの気にしたってしょうがないって意見もわかる。
わかるけど、これだけ「リスク」があるって知ってしまっては、ちょっといけない。
要はビビったんです。俺。
本当に情けないんですけどね。でもねやっぱ家族に何かあったらというリスクはおえなかった。

この一試合を飛ばしても、次にまた試合はやってくる。

次でやればいいんだ。そう言い聞かせて、泣く泣くテレビの前から見守った。

と、長い長い前振りでしたが。

何これ。
イニエスタもいない、監督も変わったばかりの神戸にやりたい放題やられた。

勝った、という事実だけが収穫で、あとは何もない。

それでも勝ったほうが強いチーム、という言い方もあるけど、
いやぁ酷かったぞ。もう負け惜しみにしか聞こえない。勝ったけど。

勝ったのに、こんなに、不安になる試合っていつ以来かなぁ。
もしや、今までで一番不安になったかも。

行ったみんなは無事だろうか。
感染していなければいいけど。

最後に。

浦和を愛するのなら、
医者の言う事を聞け。
熱下がっても外出すんな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

またお待ちしております!
1

Sports_AD

浦和レッドダイヤモンズ 世界に輝け

浦和と私
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。