みんな心配なのだ

試合のない週末は風のように去っていく。
苦し紛れに見た代表の試合も心の穴を埋めてはくれない。勝とうが負けようが関係ない試合で、何をどう熱くなればいいのか。宇賀神や槙野の活躍を見てもなんとも思わない。
毎回思うが、代表で熱くなるのは、公式戦だけだ。アジア杯や、W杯や、それらの予選や。
親善試合をなぜ中継してまで見せるのか。俺はよく言ってるが、あれは練習試合だ。例えば親善試合でブラジルに勝ったとして(まぁ勝てないだろうけどね)も、全く意味ないってみんなわかってるのかなぁ、と。じゃ、何故テレビ中継するのかっていったら、興行ですよ、スポンサーですよ、お金ですよ。
なんかね、凄く悪い話に聞こえるかもしれないけど、これは実は物凄く大事な事。夢があるから強くなる。という代表のキャッチコピーは、川淵さんの言葉だけど、夢だけじゃ強くなれないのが現実で、金は超大事。よく親善試合に関してセルジオも批判してるけど、まぁやり過ぎはいけないけど、必要であると俺は思う。大事なのは見る側、伝える側の意識を高くもつこと。親善試合で勝とうが負けようが一喜一憂しない。だから監督も思い切りやってほしいし。新戦力発掘に徹するとかね。
中途半端に勝った負けたがついてくるから、親善試合の位置付けもおかしくなる。

ん。そんな事を書こうと思ったんじゃないんだけどな。
昨日、5歳の息子が「レッズ弱いね」と言ってきた。なにを!クソガキ!と思いたいが真実である。親としてウソを息子に叩き込むわけにはいかないので、「弱いね、、」と返すのがやっと。
さらに、花見に出かけたら、近所の人とあって挨拶。その時にも、「最近レッズ勝てないネェ」と言われる。この人、シーズン前には、俺に「今年は優勝かな!?」などと、浮かれ顔で言っていたのだ。まぁあまり詳しくない&そこまでレッズが好きではない人だし、俺と話す時に気を使ってくれているのだが、そんな人からすら、「勝てないネェ」と心配されている。
仕事関係の人からも、こどもの保育園の先生からも。
みんな心配している。
ここまでくると、浦和というか、みんな、俺を心配してるんでは、と思ってしまう。

そう言われると、決まって俺は
「そうっすねぇ」と、キレの悪い答えしか返せない。

はやくこんな生活から抜け出したいものだよ。

#浦和レッズ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読んでくれて、ありがとうございます!
2

Sports_AD

浦和レッドダイヤモンズ 世界に輝け

浦和と私
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。