完全に当たり前な存在

いよいよ2018シーズンがはじまる。

毎年のように日程くんがはじきだした(全てが日程くんの仕業かどうかはいつも謎)試合日程をカレンダーに書き込む。
申し訳ないがゼロックスではなく、この行為こそが、新シーズン到来を感じさせるのだ。

俺はその昔、blogで観戦記のようなものを続けていた。2004〜2011年の間だったか。
まぁその頃は、そういう事が流行っていたし、
俺以外でもblog観戦記をやってる人は沢山いた。その日の喜び、怒り、などなど。自分が思った事を書き綴っていた。

ところが最近はサッパリだった。
やめた理由はいろいろあって、正直面倒くさくなったこともあったけど、
もう、いちいち書いてどうのって、いいや、と思ってしまったのだ。
それから最近はSNSが沢山あるし、blogというスタイルじゃなくてもよくなったのもある。

浦和の事を考える、浦和の試合に行くっていう行為に特別感を感じなくなった。
なんかもう、衣食住にレッズが加わった感覚。
だからカリカリする事も減った。
いやいや、勝てないでしょそりゃ。とか。
色々な経験をしてくると、レッズというやつの性格が手にとるようにわかってしまう。
良いサッカーをしていても、次の試合でダメになるのがレッズ。2006.2007年のようにはなかなかなれない。継続しないのが、浦和レッズである。だから優勝候補、とかビッグクラブとかいうマスコミは全くわかっていない。
だから過度な期待もしなくなり、カリカリする事もへる。
正確に言うと減った、というか、カリカリするポイントが変わった。勝った負けたではなく、チームの思想や、姿勢に疑問があるとカリカリするようになった。ようは、まだカリカリしている。

ん?そう考えると、色々思うところもあるか。
今の俺が浦和に対して思う事。
だったら久しぶりに書いてみるか、というのが、このマガジンをはじめた動機です。

白状しますと、今年40歳です。
浦和と出会ったのが20代だったから、
かるく10年は超えた付き合いになる。
浦和もその間、色々あった(何にもなかった、とも言える)が、俺にもあった。
結婚し、子供が出来た。
家族とレッズ。両立が難しい時もあって、
アウェイには全く行けなくなった。
カミさんの名誉の為に言うが、断じてカミさんから禁止されているわけではない。
なぜなら彼女も浦和サポーターだからだ。
子供ができる前は、2人で試合によく行った。
だからアウェイ禁止は俺の判断なのです。
ホーム行って、アウェイもってなると厳しい、というね。
家族によって色々な方法があるから子供できたらアウェイは行けなくなるって事ではない。
そんな事になったら少子化が益々すすんでしまう。
我が家が、そう、というだけです。

そんなこんなな、今の俺が考える、感じた浦和を書いておくのもいいかな、と。

いうなれば、今までは彼女とのドキドキ、ハラハラな恋愛について書いていたわけです。
それが、結婚し、安定して、当たり前な存在となった。当たり前。でもなくてはならないもの、なくては生きていけないくらいの存在となった、言わば家族のことを書いてみる、そんな感じだな。

そういえば、去年のACLは、良い意味で裏切られた。
レッズとはたまにそういうドッキリをする奴なのだ。

さて2018シーズンはどうなるか。
日程をカレンダーに書き込んでいて、
今年はなんかおかしいよな、なんで、ホームばかり続いてんの?とか、色々疑問が湧いたが、
今年はワールドカップなんですね、はい。
2006年、リーグ優勝した年もワールドカップイヤーだったな、などとつい期待してしまい、
いかんいかん、と頭を振りながら、
いつもの赤い仲間たちとの長いシーズンがはじまります。

#浦和レッズ #浦和サポーター #Jリーグ #Jリーグ開幕直前

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

またお待ちしております!
1

Sports_AD

浦和レッドダイヤモンズ 世界に輝け

浦和と私
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。