浦和2-3湘南

「なかなか良いね!」
現地にいる仲間からのLINE。

金J。俺は行けずに速報だのみ。
そんな中、冒頭のLINEがきた。
スコアは2-0。この日のスタメンはガラっと変わっていて、
今までチャンスがなかったメンバーが多かった。
それはベンチも含め。

そんなメンバーが前半25分で2-0。
「なかなか良いね!」と言いたくもなるわな。

へーいいねぇ、なんて思っていたら、
1点返される、という速報!!

おおおおおいいい!!

「返された!」とLINEを送ると、
「いや、ノーゴール」という返信。

「オフサイド?」
「いやわからん」「もめてる」

んーまーいいや、なんでも。
助かった。

と、思ったのは現地で見ていないからだった。

実際は、こう。

これは。。。入っとるがな。

とはいえ、湘南には申し訳ないけど、
審判がノーなんで、ごめんな。と思っていたら!

なにを逆転されてんねん!!!!

これで連敗ですよ。あーーーー


に、しても。

やはり目をそむけちゃいけない、この誤審。

湘南が勝ったから良かったけどってのは、無いでしょ。
いや、いろんな意味でないでしょ。

あと、梅崎が西川に「入ったっていってよ」って言ったらしいけど、
totoGOALがからんでる以上、選手が判断はできないでしょ。簡単には。
(審判が買ってないか調べたらいいかもな)

で、それでも冷静にみてもこれは入ってる。

よく線審はオフサイドラインにいるから見えにくいとか、
キーパーに隠れて見えなかったとか、あるけど、これはね、見えるよね、絶対。

ゴールラインテクノロジーの導入とかって話もあるけど、
やっぱこういうの見せられると絶対必要だよなぁ。
今回の問題はやられたコッチもある程度認めちゃってるってとこだね。
西川なんて「やられた」って感じでセンターサークルにボール投げちゃってるし。

ここまでなってたら、ちょっと一回検証するって感じでも良かったんじゃないのかね。仮にあとからゴールだったって言われても浦和の選手も納得だったんじゃないの。
(ゴール裏は別)

とにもかくにも、あれが入ってたら、色々な意味で違ってた。
1点差に詰め寄られて、ウチも少し変わったかもしれない。
もしかして湘南の怒涛の逆転もなかったかもしれない。

つまり!!

負けてなかったのかも!!!!

そう思うとだ。

湘南だってムカついただろうけど、
ウチとしても結果、ムカつくという。

それだけ1点ってのはゲームにおいて重いし、
レフェリーもそこはわかってると思うんだけど、
もうちょい死ぬ気でやってほしいね。
てかさ、死ぬ気でやってるんだろうけど、
もうちょい柔軟でも良くないかな。判断を。
なんども言うけど、コッチもある程度認めちゃってるわけで。

でもさ、冷静に振り返っても、
もし、これ、逆の立場(湘南サポーター)だったら、、
ちょっと正気でいられる自信ないですね。

んー

全体的に胸糞の悪い試合。

こんなんで、目立ってる場合じゃないんだけどよ

そして現実は、連敗なわけで。

オリベイラよー、もう待てねーぞ。

明日、予選突破というスカっとした事で目立ちたいもんだ。
頼むぞ、、、、、、、、、



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読んでくれて、ありがとうございます!
2

Sports_AD

浦和レッドダイヤモンズ 世界に輝け

浦和と私
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。