Sportip

スポーツに関わるあらゆる最先端の情報を提供します! ご連絡・投稿の要望はこちらまで↓ contact@sportip.jp

肩回りの筋肉を鍛え上げるダンベルショルダープレス

ダンベルショルダープレスは肩の筋肉にとても効果のあるトレーニング方法です。三角筋は上半身で一番大きな筋肉なので、そこを鍛えることによって基礎代謝を上げる効果や肩の柔軟性向上にも期待できます。そんなトレーニング方法をご紹介します。

鍛えられる筋肉部位

手順

1.両手にダンベルを持ち、上腕を肩と同じ高さにする。
肘を90度曲げた状態でキープする。

2.ダンベルを真上に上げ、腕を伸ばしていく。

もっとみる

効率的な背中の筋力強化! ベントオーバーロー

ベントオーバーローは背中の筋肉を鍛えるための筋力トレーニングです。鍛え抜かれた背筋を手に入れるためには欠かせないトレーニング方法です。

集中的に背中の筋肉を鍛えぬくベントオーバーローは初心者でも挑戦しやすいトレーニングメニューの一つです。そんな美しい背中の筋肉を手にすることが出来る方法をご紹介します。

鍛えられる筋肉部位

手順

1.腰背部の姿勢を保持したまま臀部を後方に突き出すようにして膝

もっとみる

ダイエットから筋力トレーニングまで幅広く用いられるスクワットの効果的な体の動かし方​

スクワットは主に下肢の筋肉を鍛えるのに最適な全身トレーニング方法ですが、それ以外の目的にも大きく効果を発揮します。

スクワット・デッドリフト・ベンチプレスの3つはBIG3と呼ばれ、トレーニング効果も大きいため、筋肉トレーニングの初心者から上級者まで人気のトレーニングです。そんなスクワットのトレーニング方法をご紹介します。

​​目次​

​> 鍛えられる筋肉部位
> 手順​  
> NG
> ま

もっとみる

休息しても筋肥大が起こる       −運動の記憶はDNAに存在していた−

【「運動の記憶」はDNAに存在していた】

トレーニングした筋肉は、休養によって失われる−これは誰しもが考える結果であると言えるだろう− 

しかし、この度の実験により、

被験者たちが最初の7週間で得た筋肉は、その後7週間の休養のあいだに実験前の状態に戻るものの、休養後に再開された7週間のトレーニングで、被験者たちの筋肉が最初の7週間よりさらに大きく肥大したことが発見された。

そしてこの結果を

もっとみる

トレーニングとタンパク質(アミノ酸)摂取

【レジスタンストレーニング】とは..
 レジスタンストレーニング(機械的刺激によるエキセントリック運動など)は筋肉づくりに効果的であることはよく知られているが、低負荷の運動もタンパク質代謝に影響を及ぼしている。運動中は多くのエネルギーを必要とするため、筋肉を分解(異化作用)しタンパク質を作り出している。そのため、運動中の筋肉の分解をより最小限に抑えるためにタンパク質を含んだサプリメントを摂取するこ

もっとみる