トレーニングとタンパク質(アミノ酸)摂取

【レジスタンストレーニング】とは..
 レジスタンストレーニング(機械的刺激によるエキセントリック運動など)は筋肉づくりに効果的であることはよく知られているが、低負荷の運動もタンパク質代謝に影響を及ぼしている。運動中は多くのエネルギーを必要とするため、筋肉を分解(異化作用)しタンパク質を作り出している。そのため、運動中の筋肉の分解をより最小限に抑えるためにタンパク質を含んだサプリメントを摂取することで分解を抑制する必要がある。

 一方で、運動終了直後から筋肉内では同化作用が高まってくるため、運動終了直後にタンパク質を摂取することにより、同化作用の効率を上昇させられることが考えられる。 アミノ酸サプリメントは摂取するタイミングによって、筋肉の同化作用に及ぼす影響が異なることが明らかとなっている。

 例えば、レジスタンストレーニング直前にアミノ酸サプリメントを摂取することは、トレーニング直後に摂取するよりも筋肉の同化作用が高いことが証明されている。上述したように、運動中は筋肉が分解されるが、運動前にBCAAサプリメントを摂取することで筋肉の分解を抑えられることが報告されている。また、中〜高強度運動を行うと筋肉にダメージが与えられ、筋肉痛が引き起こされる。BCAAサプリメントはこのような運動により発生する筋肉痛にも効果的であることも報告されているため、怪我の予防および回復に効果的に作用すると考えられる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

Sportip

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。

コメント1件

勉強になります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。