WCS2018レポート

WCS2018まとめ

使用パーティー

サーナイト ガオガエン サンダー ランドロス カプレヒレ モロバレル

経緯
6月下旬にさしすから瞑想サナ強いよと教えて貰ってから考察、WCS環境はゲンガーとボーマンダが増えてメタグロスは減るだろうと考えてたのでこの案に乗る。メンツ自体は使い慣れたものでガオガエンの威嚇、スカーフ特殊ランド等の新要素でメタグロスにも有利寄りで考えていた為採用を決定して2ヶ月近く練り続ける。

個別解説
()内はDay1使用時

サーナイト ナイト
175-×-85-165-135-129

ボイス ショック 瞑想 守る

トリルサーナイトは自身のSからトリル後にガオガエンを抜けていないケースが多く非常に弱いと考えていたので無し、代わりの技として瞑想が非常に強かった為そこを軸として考える。ボイスの火力が下がったことにより月の光クレセリアや今まで2発で倒せたポケモンが倒せなくなった点を解決出来て非常に強かった、積極的に打つことは少ないです。
配分は積む関係で耐久が欲しくH振り、Sは準速テテフを抜いていると耐久ツルギの上を取れるケースが多く耐久ガルーラの上を取ることも強い為この数値設定、自分の最速ヒレ-1である所もオシャレポイント。

ガオガエン マゴのみ
201-136-113(114)-×-143-91(90)

猫 フレドラ 地ならし とんぼ

赤沼考案の地ならしガオガエン、基本的に考慮されない為守る地ならしで盤面を取り展開していく。苦手寄りと思われていたウツロイドもそんなにきつくなかったのもこいつのおかげ、配分は耐久に全て割くことを考えていたので初めは201-135-110-×-154-84の182テテフの気合い玉z耐えで使用していたがZサイチェンが増えて気合い玉Zが減った為Dを179ロイドのメガネジェム耐えまで落としSを上げた。Day1でBrendan選手が最速カビを使って抜けているという情報を耳にしたので同速を避けるためにDay2では1上げました

サンダー デンキZ
175-×-106-160-118-167

10万 熱風 追い風 守る

普通の追い風Zサンダー、最速を取ることでS甘えてるグロスを抜いてよりイージーに勝つ事を意識。ガオガエンとの先発がとても強くサンダーガエンの先発がとてもお気に入り。配分は最速から入って耐久ラインを177サンダーの10万ベースZ確定耐えにし残りをCに
調整段階で最速サンダーの同速負けから乱数を引いて追い風を貼れず負けという対戦が一戦存在したので急遽この配分に、火力不足に悩むことはなかったが、Yuree相手にランドロスとの集中をサンダーに耐えられて負けたのでもしかしたら不正解だったのかもしれない。

ランドロス こだわりスカーフ
165-139-110-172-100-143

大地 めざ氷 岩石 とんぼ

世界で一番弱いランドロスですがサーナイト構築だけは許されています。こいつの大地を当てるだけでメタグロスがボイス圏内に入って受けが回りません、裏に引いたグロスはサナのボイスに受け出すとランドの大地圏内に入ります。メタグロスは単体ではワンパン出来るということからサーナイトに有利ですがパーティー単位で考えると不利です。周りのメンツさえ倒せればサーナイトは用済みの為グロスの前でも平気で動かしますしそれをケアするためにアイアンヘッドを打たせることが出来るので横がグロスを仕留めます。直前まで岩石はエッジだったのですが飛行機内で思い付き急遽変更、高い命中と最後に置物にならない事が魅力でした。配分は特に練ることもなくCS、ランドへのめざ氷のダメージ、弱点への大地のダメージを考えるとCは削れません。

カプレヒレ ミズZ
145-×-136-147-150-150

濁流 ムンフォ 黒い霧(めざ炎) 守る
地雷要素でもある最速めざ炎レヒレ、何度もこのポケモンを変えようと思いましたがレヒレが最適という結論が出ていた為役割を持たせるためにこういう型になりました。主にガルーラドランツルギを想定し1戦目で相手のツルギがこちらのサナより遅い事が判明した場合に2戦目から投げます、サナのS設定がその為で主に威嚇を入れた後にヒレサナの並びを作っていきます。ドランとツルギだけ破壊してしまえば後はサナガエンバレルで勝てます。黒い霧はあまり使わなかっためざ炎に変わって太鼓カビゴンに厚くする為に採用。配分はこちらもCS、めざ炎搭載の関係上抜けているツルギの数が多いと嬉しいので控えめより臆病、火力不足ではありますがそもそも補完的役割を持たせているためメインアタッカーとしてカウントしてないので気になる事はありませんでした、トップカットでは戦犯になってしまいましたが相手の準速ランドを抜いていて勝った対戦も存在した為一長一短です。

モロバレル ウタンのみ
219-×-109-106-117-59

イカサマ 胞子 粉 守る

モロバレル界隈最強のイカサマウタンバレル、イカサマで置物になることを防ぎ、ウタンでエスパーZクレセやテテフの前で強引に動いて眠らせます。Day1では最終ラウンドのベテさんとの対戦でのみの発動でしたがDay2ではよく刺さりました、何れも勝ちに繋がる発動だったので大正解でした。配分は再生力考慮の3n且つ197ランドの地面Z耐えまでBを伸ばし残りはDとSに、調整段階でバクーダトリパを使う不届き者に毎回択ゲーをしてたのでイージーウィンするためにそこを抜けるように配分したら最遅ガエンを抜いていて楽に勝てることが多かったです

選出

メタグロス

サンダーランド
サーナイトガオガエンorモロバレル

カモ。まず負けません

ゲンガー

サンダーガエン
サーナイトランドロスorガオガエン

ピッピ以外楽勝

リザドラン
サンダーガエン
サーナイトランドロス

ヒードランは10万ボルトを入れておくとランドの大地とサンダーのZ両方で縛れるので優先的に当てに行ってました。

後はアドリブで考えてました

総括
サーナイトを舐めすぎ人類を分からせられまくったので良かったです、パーティー選択は正解だったと思います。悔いがあるとすれば15/16を引けていればArashと対戦出来たので勝ち負け関係なくArashとメインステージでやりたかったです。配信台にはかなり移りましたがメインステージはまだなので来年こそは必ず最高の夜を迎えてメインステージに立ちたいと思います、相談に乗ってくれた人と原案をくれたさしす、調整に付き合ってくれた人本当にありがとうございます、ベスト16という不甲斐ない成績に終わってすいませんでした来年はリベンジします。。。って書いてたらポケカ人間になってしまったので2020ルールで会いましょう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

しらぬい

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。