ささいな笹

書くことは日替わりランチ。1990。好きな言葉は47都道府県、ご当地限定、食べ放題。
固定されたノート

岐阜が好きで好きで

人生で、という大きな枕詞をもうドカンとつけちゃうんですけど、岐阜県で過ごした20代前半が一生の宝物なのです。 私なりの本気の岐阜について語ろう!と思います。 岐阜...

#呑みながら書きました such a night

今日は多分一生で一度しか来ない、新婚初夜です!きゃっ。 しかし、残念なことに今宵は彼は一年に一回の飲み会へ。 今日は実家から先に彼の住んでいた新居に荷物を運ぶ予定...

秋冬のおたのしみ語り

とりわけ夏が大好きで、夏祭りも強い陽射しもかき氷もそうめんもビアガーデンももう季節外れなのが寂しい昨日まででしたが、こうも涼しくなられては、次の季節に「たのしみ...

満ちて擦り減って 憂いて夢見て

働いていると、満たされる気がする。 予定通りに作業を終えたり、誰かに不意に助けてもらうなどすると、嬉しい。 お礼を言ってもらえたり、予想以上にスムーズにことが進ん...

こーひー おんがく てくてく

来訪先でソワソワした。 マダムが、訪問者である私たちに淹れてくれているであろうコーヒーの香りが部屋いっぱいに充満した。 電車に乗って、バスに乗って、自然たっぷりな...

焚きあげても昇らない初恋

仕事も充実、私生活も悪くない。 だけど、定期的に初恋の人の夢を見て朝から虚無感に死にそうになる。 出てくるたびにキュンとして、目覚めて「夢かぁ」と残念に思い、余韻...