#はじめての栃木SC

「#はじめての栃木SC」というハッシュタグ。
この土日で目にした方も多いのではないでしょうか。

「#はじめての栃木SC」は、サッカーに興味はあるけどスタジアムに行ったことがない……というひよっこたちが、J2東京ヴェルディVS栃木SCの観戦に行くという企画。
初心者だけど、たくさん集まればこわくないのだっ!の精神でアウェイのゴール裏に乗り込みました。

普段はツイッター上に生息するWEB・SNS業界イレブン。
サッカーに関してはひよっこ。
もちろん栃木SC初観戦。

そんなひよっこたちが、ただ楽しみながらツイッター実況をしていたところ、想像もしていなかった方々まで巻き込んで、盛り上がる結果になりました!
(栃木SCはじめ、全国のサッカーファンの方々、インフルエンサーの方々がほんとうにあたたかい!ありがとうございます!)

いまこの瞬間も、ツイート数が増え続けている「#はじめての栃木SC」ですが、一体なにがそんなに盛り上がってるの?という方のために、ハッシュタグを追いながらご紹介します!

サッカーよくわからんよ、、、っていう方にも是非!

【#ただのツイッター民の集まり】

きっかけは、この投稿でした。

発起人のsagakoさんしおリスクルさんが「えとみほさんが加わった栃木SCが気になる。見てみたい。」とお酒の席で意気投合したところから始まりました。

たまたま今回集まった11人の共有点は、サッカー初心者、栃木SC初観戦、WEB・SNS界業界人、ツイッターだいすき、、、、、そのくらいかな?

業界特有のイベントのノリで、今日のハッシュタグを考えて。それがまさに「#はじめての栃木SC」でした。

集まった11人はほとんどハジメマシテ状態でしたが、試合の2時間前に会場入りして、慣れちゃえばこんな感じ。みんな揃って仲良く、会場の雰囲気に染まりました。
うおーーー!栃木ーーー!

〜初心者でも盛り上がれた理由〜
①栃木SCのタオルマフラーだけでも、サポーターの一体感を味わえる!
 ※応援グッズがなくても、元気な体だけあれば楽しめる!
②応援歌(チャント)の歌詞を共有してくれてる
 →
https://t.co/MxQsa8h4XV
③事前予習用には応援歌紹介のyoutube動画もある!
 →
https://youtu.be/JK8ASXlGGKw
④ゴール裏の応援団のそばにいれば、勝手に雰囲気に飲まれる!

結果…………
ツイッタラーであるはずのひよっこたちも、試合が始まるとツイッターの存在を忘れて、夢中で応援!!

そして、サポーターの中心で90分間応援を引っ張っていた方(この応援団みたいな方々の熱量がマジですごい!)からも、この感想……。優しすぎませんか栃木ファンの方々……。

【#既存ファンが思い出を共有する場に】

そして、ひよっこたちの興奮ツイートを見かけた既存サポーターの方が、ハッシュタグに新しい意味を吹き込んでくれました!

ひよっこたちが栃木SCゴール裏初体験で興奮してしまったように、それぞれのファンの方にも心を掴まれた瞬間が。わたしたちの初観戦の様子をみて、熱くなった瞬間を思い出してくれたのでしょうか。

”はじめて”の思い出って、それぞれにストーリーがあって、読んでるだけで感動してしまう〜!

そう、そうやって何度も通いたくなってしまう魅力が、スタジアムにはあるんですよね。。わかります。。
今回も栃木は0−3で負けてしまったのですが、ゴール裏の応援は最後の最後まで選手と一緒に戦っているんだ!と感じさせられる熱さがありました。次は勝ち試合が見たい……。

確かに。J2・J3だと地元のチームは強くないし、とスタジアム観戦を避けてしまうかもしれないですが、「強い=人気がある」は必ずしもイコールではないと思います。(このへんはマネタイズのお話にも発展しそうですね。詳しい方の意見を聞いてみたい。)

味スタでもボールを蹴る音が聞こえました!
臨場感!

もう20年近く?前にファンになった方も……!
深みがすごい……!

そして公式の栃木放送さんまで!!
すごいすごい!!

当初、初観戦の思い出なんて全く考えずにつけた安易なハッシュタグが、ここまでひろがるとは。感無量です。ツイッターってすごい。

【#もっとひろがれ〜!】

実際に観戦に行ってみて、わたしたちひよっこは今までスタジアムに足を運んでみる「きっかけ」がなかったんだなと感じました。

今回、えとみほさんの栃木SC参画というぷちニュースと、ツイッターで主催のおふたりが声掛けをしてくださったからこそ、ひよっこ初観戦の「きっかけ」が生まれました。

いろんな方の初観戦ツイートを見ていると、初観戦の「きっかけ」は大きく5つ浮かび上がりました。
そして、その5つの中でも、□誰と行くかという人の部分と、■一緒に行く人以外で行きたくなる要因、の2種類に分類できる気がしています。

□子どもの頃、親に連れられて。息子がサッカーを始めたので。(親子)
□すでにめちゃめちゃファンな知人、行きたいと意気込む知人に誘われて。(友人、夫婦など)
■地元にチームがあったので、スタジアムが近くにあって。(拠点)
■人気の選手、かっこいい選手がいて。(選手)
□チケットが当たって。チケットをもらって。(ラッキー?)

日本人的な心理なのか、やはりこういう観戦モノにひとりで乗り込むのは、特に若い世代にとっては相当勇気がいりますよね。

上手く言えないですが、クラブ側の視点では、「誰と来てもらうか」「来て何を楽しんでもらうか」を明確にできたら、もっと集客が進むのかなと。

そういう意味では、応援歌が楽しそう、とか、ファンのコミュニティに入りたくて、とかの「きっかけ」も、現代っぽくて増やしやすそう。

わたしは北海道出身なのですが、北海道の野球チーム日本ハムファイターズは試合毎にイベント企画?を出していることも多いんです。このあたりの集客戦略には長けてるのかもしれません。(野球特有なのかな、あまりスポーツ全般に詳しいわけではないので、違ったらすみません!)

栃木SCはもちろんですが、他のチームも、他のスポーツでも、楽しいことはもっともっとひろがっていけ〜〜と、楽しみながら貢献できることがあるのなら、お手伝いしたい気持ちのみでございます!

…………と、ひとつ良いものを見つけました!

これは、行きたくなっちゃうなあ〜〜!

ハッシュタグの振り返りはここまで。
「#はじめての栃木SC」、まだまだツイートが増えていて、これからどんな形になっていくのか楽しみです。

最後に、今回あたたかく迎え入れてくださった栃木ファンのみなさま、ハッシュタグに便乗してくださったサッカーファンのみなさま、ありがとうございました。
また栃木SCの応援に行かせてください!
次は勝ち試合がみたい!

追記0625
我らが、しおリスクル氏もnoteにまとめていたので、こちらも! 
まだサッカー未経験の方は必読ですね。スタジアム観戦の注意すべきこととか、事前準備とか、わかりやすいっ!

#はじめての栃木SC タグ追いはこちら>


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただき、ありがとうございます! 頂いたサポートは、新しい書籍の購入に使わせていただき、よりよい文章を残していくべく精進いたします。

また遊びにきてください^^
20

shizuka watanabe

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。