流されない気持ちは、写真にも通づるって話。

いやぁ、どーもどーも。お久しぶりです。しんやっす。
時期が時期だけに、多忙かつ呑み会も多くて忙しくしておりました(インスタとツイッターはできるけどね。iPhoneでサクサク1分で終わるし)

さて、みなさま。もうすぐ4月がはじまりますね。いろんな人が新しい生活をはじめる時期ですね。それぞれの思いを胸に秘めて楽しんでくださいねー♪自分は、4月は展示が2つ控えてるのとその他いくつかの事を終わらせるため、少し多忙ですが楽しくやっております。ま、5月からはヒマヒマなので遊んでやってくださいませ。(めっちゃ撮るで。素人モデルさんも撮るで、風景も撮るで)

なんだろねぇ、先日会社の子が結婚式を挙げたので福岡県まで行って、夜は中洲でワイワイ呑んで写真もちょこっと撮影したりなんかして、昔から変わらずバランスよく過ごす男だなぁって思うわけです。麻雀も大好き、映画も大好き。呑みに行くまではめんどくさいけど、行ったら行ったでワイワイ楽しく過ごす。(唯一ゴルフだけは30歳の頃に辞めたなぁー。休みの日に仕事仲間とゴルフするのがバカらしいって思ってね)

まぁ、週休2日のたまに週休3日の休みなんだけど、休日はこの1月から4月までほぼ撮影ばかりしてたかなぁ。それでも写真の仕事に関わる撮影も多かったけど、自分の撮りたい写真も少しは撮れたかな。最近、思ってることがあって好きを本業にするよりは好きを副業にするでいいんじゃね?
っていう考えが強くなってる。焦る必要もないしなぁ。(まぁ、本業もそこそこ楽しいって場合の話ね、しんどかったら転職したらいいだろし)

SNSの世界って、ほとんど会ったことない人達との交流でお互い好きな写真を見せ合いっこして刺激をもらいつつ、楽しんでるわけですよね。でも現実の世界では、写真やってる人は皆無だし、インスタグラムやツイッターやってる人も、まぁ少ない。(20代の子達も登録してるぐらいでやってないなー、俺が変わり者であることはみんな知ってる事実ではあるのだけど)でも、この利点って視野を広く冷静に物事を判断できる一つの基準にもなるわけですよ。現実の空気を吸いながら、共に悩んで進んで呑んで笑い合う人達がいるのと、SNSの世界で合ったこともなければ年齢も顔も知らない人達が褒めあったり罵りあったりする世界。これ、どちらも知っておくと有利ですよ。自分もたまにSNSで毒吐きますけど(写真に一貫してますけどね)

反応は様々で面白いです。いろんな意見も聞けるし、自分も誰にいうわけでもなく毒を井戸の穴に吐くわけです。(たまに自分の事を言われてると思ってイラッとしてブロックするような自意識過剰な人もおるみたいやけど興味ないからどうでもいいし)

ただ、交友関係があまりなくて、どっぷりSNSにハマってる人なんかからしたら、ある意味その世界で気になる人が発言してる言葉が正解のように勘違いしちゃう傾向になるよね。それってすごく人生を損してると思うわけですよ。常に、なんかこの人の言ってる事はちょっと違う気がする。でもこの人の言う事だから正解なのかな?なんて考えてたら、あーた、ただの消えちゃう草コインでっせ。そこは自分の感性を信じようぜ。戦う勇気を持て。

それは、今後撮る写真にも通づるものがある。誰でも綺麗に撮影ができる時代、そこでもっと問われるのが難しいけど、見えない感受性を他人に突き動かせる写真を撮る事。それは誰も教えてくれない。自分で探していくんだよそれでセンスがないと思えば、写真やめて他の趣味にしたらいいだけ。

この現実社会とネット社会をバランスよくどちらに偏ることなく過ごせたら、まぁ、それなりに楽しく生きていけるわけです。例えば直木賞だったり、みんな仕事しながら好きな小説を書いてある日、有名作家になったりするよね。浪漫があるなぁ。写真作家の場合は木村伊兵衛賞とかcanon新世紀とか風景撮る人だったらナショジオとかになるんかな?コンテストとか出したことないからよくわからんけど。

俺も、別にどう思われてるか知れないけど、インスタグラムの人って位置づけなんだと思う。それはそれで、全然良いと思っててツイッターもまだ1年経ってないけど、まだまだフォロワーは増えていくのでしょう。そして、時間ないし地方に住んでるから、プリントの色校とかも全部お任せだけど時間ができたら自分の目で確認して、しっかりそういう作業もしていきたくて、納得できる素材と空間を確保できた時に初個展をしたいなぁーって思ってる。ま、俺は金を稼ぎたいわけじゃなくて(もちろんnoteも課金とかしないつもり、みんなが、なんか言ってるぞこいつ。みたいにちょっと刺激を与えれるようなの書いていけたらいいなぁ。憎まれっ子世に憚る的な)

とはいえ、いつか時代は終わるものです。その時に誰が側に居てくれて。自分にとって何が一番重要なのかってのが今の時点でわかってるのは大事なことですね。

最近は、春の風が心地よいです。いい気分だ。来週は東京に3日間ほど撮影に出掛けてきます。桜は満開かなぁー。散り桜かな? どちらにせよ、シャッターを押すのはいつでもワクワクするのです。みんな、ちゃんと地に足つけて自分で考えて行動しようね。決して踊らされるなよってね。踊らされてるふりするぐらいがちょうど良いよ。
ま、俺は飛び跳ねていつもコケるんだけど。笑

今日は長くなりましたね。では、また。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

35

shinya

写真好きなら読みたいnote

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。