視座を高めることで圧倒的に成長する#003

本内容は、ベンチャーに9年在籍した中で、僕がどのように成長していったのかをリアルにお伝えするコンテンツです。ベンチャーでキャリア形成をするための一つの事例として知っていただき、これからベンチャーキャリアを形成していく方の参考になればと思います。

----ポイント----
・視座を高める
・社長を完コピする
・完コピするために徹底して行った2つのこと
・完コピした結果どうなったか
------------------

視座を高める

ベンチャーで圧倒的に成長したいのであれば、まず“視座を高めること”が重要だと思います。視座とは・・・

物事を認識するときの立場

辞書では上記のように表現されています。
僕がお伝えしたいのは、視座を高める=上位者の立場で物事を考えるということです。上位者とは、自分がタイトルのないスタッフなのであれば、直属の上司の視点に立つ。マネージャーの立場であるならば、役員の立場で考える。役員なのであれば、CEOとして考えるということです。その人らの視点で物事を考える癖をつけると、自分の狭い視点で考えるだけよりも圧倒的に成長できます。そして、その視点で考えられる人は、成果を出しやすくなるため、ベンチャーの中で昇級スピードが格段に速くなります。

僕がやったことは“社長を完コピする”

折角ベンチャーにジョインしたのだから、圧倒的に成長したいと強烈に思っていたものの、じゃあ具体的に何をすべきなのか、また、成長したというのをどう測るのかに悶々と悩む日々でした。本屋に行って稲盛さんや松下幸之助さんの本を読んでみては、“凄いと思うもののリアルじゃない”、はたまた、サイバーエージェントの藤田さん、堀江さんのブログや記事を読んでも、“とんでもないハードワークしてぶっとんでなー”“自分も頑張らなきゃ”と一時的に思うだけでピンとこないというのが正直なところでした。

もっとリアルな状況に設定した上で、圧倒的に成長していくには・・・考え抜いて出た答えが、“社長をベンチマークして完コピする”でした。アルバイトの僕が社長と同じスキルを持つことができれば圧倒的に成長したといえるのではないかと思ったわけです。これが何よりもしっくりきました。

完コピするために徹底して行った2つのこと

・社長が話す事業説明を完コピする
・社長が取り入れている情報を完コピする

この2つを徹底してやりました。事業説明に関しては、完全にコピーすることを意識していたので、社長が説明している場面でボイスレコーダーをセットして、それを通勤中、入浴中、寝る寸前まで永遠とリピートで聞きつつ、社長が誰かとアポイントがある際には、社長が説明するところを僕にやらせて欲しいとお願いし、代わりに説明させてもらうことを何度もやっていました。そして、アポ後すぐに社長からFB(フィードバック)をもらってさらにブラッシュアップをするという感じです。

社長が取り入れている情報に関しては、読んだ本、ブログ等を常にチェックし、すぐキャッチアップをすることを繰り返していました。“最近何読みました?”のような質問はもちろんなのですが、これだけでは十分ではないと思ったので、定期的に社長の家に訪問し、本棚をチェックして、自分が読んでない本は借りていくということをやりました。ブログ等は仕事中に横目で社長のPCモニターを確認し、こっそりメモして、仕事が終わったらくまなくチェックするということをやっていました。

やっていて気づいたのですが、最初から僕と社長の間には差があったわけなので、同じことをやるだけでは追いつくことはできないなということに気づきました。なので、途中から取り入れる情報に関しては、本であれば関連の書籍も合わせて読む、ブログは1記事見たら、そのブログのすべてに目を通していました。

やることを明確にしてからは悩むことがなくなったので、PDCAを回すことだけに集中して最速で行動していくことを常に意識して取り組んでいましたが、社長の事業説明は数ヶ月で完コピし、情報のインプットに関しては3年ほどで同レベルまでもっていくことができました。

完コピした結果どうなったか

社長のように話せるようになり、社長が取り入れる情報をコピーしていった結果、社長と一緒に出るアポにおける事業説明はほぼ僕が行うようになり、対外的なやりとりも僕が行うという感じになりました。最終的には、本来COOはあまり絡まない、資金調達を行う際に必要となる投資委員会でのマネージメントプレゼンでのプレゼン機会があったり、業界の経営者向けのセミナー、講演、TVや新聞、ラジオ等のメディア対応もやらせてもらうという機会を手に入れました。社長をベンチマークして徹底して行うということをやっていましたが、コピーをしていく=視座が高まり、社長の立場になって考える癖が徹底的についたため、圧倒的に成長することができ、普通ではできないチャンスを手に入れることができました(これは本当に貴重な経験でした)。

視座を高めることは誰でも、そして、いつからでもできます。極端に言えば今この瞬間からも可能です。ベンチャーに参画して圧倒的に成長していきたいのであれば、スキル云々よりもまずは、自分自身のマインドから徹底して変えてみてはどうでしょうか。最初の一歩は小さくても構いません。自分よりも一つ上の視座に立って考え、行動してみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ベンチャーマインド編

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。