上達の約束

「上達の約束」の公式アカウントです。囲碁の上達から得た気付きなどをnoteで更新していきます。プロフィールはこちらからhttps://peraichi.com/landing_pages/view/jotatsu-promise-igo

上達は周りの人が気づかせてくれる

上達していると充実感を得られます。

何も知らない状態からスタートして、努力するうちにできることが少しずつ増えていく。一つひとつの技が磨かれていく。前に進んでいる感覚は心地よいものです。

しかしある段階で壁にぶつかると、その感覚がなくなります。本来、努力していれば少なからず進んでいるのだけど、実感がなければ充実感もなくなってくる。

スポーツなど数値で評価できる分野ならば、自分の状態を把握しやす

もっとみる

「普通」が上達をさまたげる

起業したばかりの頃、経験豊富なシニアに
こんなアドバイスをされた。

成功したければ、打率より打数を気にしよう。

何打席はいったか。これが大事だというシンプルな
教えは、上達を目指す人にもあてはまる。

量をこなさなければ上達できない。

上達には「質より量」。簡単にわかる理屈だ。
だが実際は、上達を目指すときこう考えてしまう。

効率よく上手くなりたい。
失敗したくない。
忘れたくない。

もっとみる

期間を決めて集中する

上達の道のりには終わりがありません。

1つの課題に直面してようやく克服したと思ったら、また別の課題が出てくる。それが1つならまだしも2つ、3つと同時に出てくるので、時には何から取り組んだら良いのか迷ってしまいます。

そんな時は課題を一度整理しましょう。ただ闇雲にあれもこれも同時にこなそうとすると、どれも解決できないままになりかねません。

課題が明確になったら「この期間はこれだけに集中して取り

もっとみる

心のチューリップ

いいことを言っているつもりでも、相手にしっかり伝わらない。
言う内容を色々変えても伝わらない。

教える現場で僕は数々の失敗を重ねてきた。
完全にひとりよがりのシーンも多かった。
そこで学んだことがある。

笑顔にさせるのが先だ。

昔懐かしいパチンコの例えで恐縮だが、
ユーモアには、人の心をあの「チューリップ」のように
大きく開かせて、同じ言葉でも心の奥深くに届ける力がある。

まず心のチューリ

もっとみる

【憧れを抱いて模倣する】

2月8日、囲碁の世界棋戦「第22回LG杯朝鮮日報棋王戦」の決勝三番勝負・第3局が開催され、日本の井山裕太七冠が優勝を目指しました。

結果は残念ながら準優勝でしたが、井山さんと相手の謝さんが全力勝負している姿に多くの囲碁ファンが心を打たれました。

上達を考えるにあたり「誰かに憧れを抱くこと」は、切り開かれた一本の道筋を見つけたのと同じです。その人が進んできた道のりを目印に取り組んでいけるからです

もっとみる