サークル・ゲーム

前々回アップした「青春の光と影」と同じくジョニ・ミッチェルが作詞作曲で、バフィー・セントメリーのバージョンが1970年公開の映画『いちご白書』の主題歌として使用されました。

ちなみにユーミン自身がこの映画の思い出を元に作った「いちご白書をもう一度」は、1975年にフォークデュオの「バンバン」に提供され、オリコンチャート1位を記録してミリオン・ヒットとなりましたね。

僕がこの曲を知ったのは、アグネス・チャンの日本でのデビューアルバム「ひなげしの花」に収録されていたからですが、初めて聴いたときにとても印象に残ったことを覚えています。

やはりサンプリングや打ち込みなど無い時代の、全て生楽器というサウンドが好きなんですよね〜。
この躍動感がたまらないのです。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

小山隆信

音楽note

音楽に関わってきて知ったことや感じたことを記録するnoteです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。