見出し画像

YOCICOTAN Cafe 水戸南町なか店に行きました [STORES ASSIST PROGRAM]

こんにちは、STORES.jp 広報の加藤です。

先日、STORES ASSIST PROGRAMで応援しているYOCICOTAN Cafeのよしこたんとマーサさんに会いに行きました。STORES.jpはネットショップを作成できるサービスですが、店舗と併用でご利用いただいているショップさんもたくさんいらっしゃいます。YOCICOTAN Cafeもそうで、茨城県水戸市で店舗を運営されているので、お店にお邪魔しました。

みなさん、水戸と聞いて思い浮かぶものは何ですか?

そうです、水戸黄門ですよね。水戸駅北口にもドーンっといらっしゃいました。

画像1

YOCICOTAN Cafeは、水戸駅北口から徒歩15分。黄門通りという大通り沿いにあります。

銀杏並木だからか、銀杏のオブジェがあったり、

画像2

マンホールにご当地キャラの「みとちゃん」がいたり、

画像3

と、歩きながら水戸を感じていると、みと・まち・情報館という施設があったので入ってみました。

みと・まち・情報館は、茨城新聞社が運営する地域興しの施設。ホールも併設しているので、無料のコンサートなども開催しているそうです。水戸市に関するフリーペーパーがたくさん置いていて、観光スポットやグルメ情報がわかる地図などもありました!(そして、それを丁寧に教えてくれる茨城新聞社の方もいらっしゃいます)

壁にディスプレイされていたのが、新聞でできたバッグ。

画像4

しまんと新聞ばっぐという、しまんと新聞社が始めた取り組みで、「おりがみの手わざ」と「もったいない」精神が融合、エコで機能的なバッグで再利用する取り組みです。作り方は直接学ばないと習得できないそうで、茨城新聞社の澤畑さんも現地に行きインストラクター資格を習得したとのこと。

9月16日(月・祝)に開催される水戸まちなかフェスティバルで、ハート型のバッグを販売するそうで、見せていただきました。

画像5

水戸まちなかフェスティバルとは…
東日本大震災からの復興への取り組みとして始まった「秋のストリート文化祭」で、昨年は102,000人が訪れた水戸市の一大イベントです。YOCICOTAN Cafeも出展します。

茨城新聞社の方から色んなお話を伺い、水戸への理解を少し深めました。みと・まち・情報館を出て、5分ほど歩くとYOCICOTAN Cafeに到着!店外にはりんごがディスプレイされているので、すぐにわかりました。

画像6

中に入ると、りんご、りんご、りんご!店内のあちこちにりんごやりんごモチーフのものがあります。

画像8

画像7

内装は、友人の方々のご協力を得て、DIYしたそうです。素敵な雰囲気とアップルパイの香りで、なんだかホッとする空間。

画像9

この場所で店舗を始めて約1年半。自宅の庭にアップルパイ小屋を建てたことからYOCICOTANのアップルパイは始まり、場所を変えながら、お商売を続けてきました。

アップルパイ作りを始めた時、よしこたんは64歳でした。お仕事を引退して、のんびり過ごすこともできたはずなのに、なぜアップルパイ作りを極めていったのかを聞くと、

よしこたん「これというものを見つけると、のめりこんじゃうのよ」

マーサさん「ずっとずっとその話をし続けるんです。私が歯磨きをしている時でさえ、やりたいことを話してくるので、私も応援せざるをえなくて」

よしこたん「そうだった?そんなことあった?」

と、お二人の掛け合いが始まります。きっといつもこんな感じで二人仲良くお店をされているんだろうなと想像できました。

画像10

順調に続けてきたように見えるよしこたんのアップルパイ作りは常に波乱万丈だったそうで、何度となく辞めようと思ったこともあるそう。

マーサさん「2017年の秋にもう辞めようかと、大家さんに退去の話をしようと思っていたら、ちょうどこの物件が空くと聞いて。もうダメだというタイミングで、まだ大丈夫と背中を押されることがいつも起きて、これまで続けてこれました。」

よしこたん「これまでずっとやりたいと思ったことに挑戦できていなかったので、今こうやってお店を運営できているのは嬉しいこと。色んな方とお会いして、お話できて、アップルパイを食べてもらえるのは贅沢なことだと思う」

YOCICOTAN Cafeは、水戸南町なか店の移転オープン1周年を記念してネットショップを始めました。そして現在、新たな挑戦としてクラウドファンディングを実施中です。STORES ASSIST PROGRAMの最終プレゼンでも話していたキッチンカーの購入に向けて、資金集めをしています。

店舗運営、ネットショップ、クラウドファンディングと、挑戦を続けるYOCICOTAN Cafe。今後の展開も楽しみです。

画像11

よしこたんとマーサさんに会いに、ぜひYOCICOTAN Cafe 水戸南町なか店へ足を運んでみてください。

YOCICOTAN Cafe 水戸南町なか店
〒310-0021 茨城県水戸市南町3-3-37
営業時間:13時~20時(月曜定休日)

水戸には行けない…という方はぜひネットショップからお買い求めください!


文・写真:ストアーズ・ドット・ジェーピー 加藤千穂




Happy :D
4

STORES.jp

本格的なネットショップが、誰でも簡単に作成できる『STORES.jp (ストアーズ・ドット・ジェーピー)』です。 STORES.jpはこちら▶https://stores.jp/

STORES ASSIST PROGRAM

STORES.jpが才能ある個人やスモールチームを応援するのプログラム「STORES ASSIST PROGRAM」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。