見出し画像

茨城県水戸市 アップルパイ専門店YOCICOTAN Cafeの新しいチャレンジをSTORES ASSIST PROGRAMで支援!

先日最終選考を終えたSTORES ASSIST PROGRAMの結果をお知らせします。今回は5名の方にプログラムに参加いただきます。

STORES ASSIST PROGRAMで、茨城県水戸市でアップルパイ専門店を運営するYOCICOTAN Cafeの支援を決定いたしました。今回の支援金を元に、キッチンカーを購入し、全国各地のイベントでYOCICOTANのアップルパイを届けます。

YOCICOTAN Cafeは、2011年の東日本大震災で風評被害にあった地元茨城のりんごを農家の方からもらい、田中芳子さんがアップルパイを作ったことから始まりました。当時64歳だった田中芳子さんの挑戦を応援したのが、娘の田中雅美さん。「常に周りを優先していた母の初めてのやりたいことを応援したかった」と、現在も2人でYOCICOTAN Cafeを運営しています。
店舗所在地:YOCICOTAN Cafe 水戸南町なか店 〒310-0021 茨城県水戸市南町3-3-37

■田中雅美さんコメント
実店舗の移転オープン1周年を機に、2019年春からSTORES.jpでアップルパイの販売をさせて頂いています。本格的な事業展開をと覚悟を決めた矢先、この度ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社様の「STORES ASSIST PROGRAM」を知って応募。ご支援いただけることになり本当に有り難いご縁に感謝です。
「美味しいもので 目の前にいる人を 笑顔にしたい!」よしこたん64歳からのチャレンジを、親子で楽しみながら、ときに仲間やお客さまに助けられながらアップルパイを作り続けて8年目になります。全国で開催されているイベントでの出逢いを楽しみに、よしこたんの焼きたてアップルパイの本当に美味しい味と香りを届けたい!キッチンカーで日本一周を目指します。いくつになっても、新しいチャレンジが何度でもできることを、広く多くの人に伝え続けること。やりたいことを応援し合うのが、あたりまえの社会をつくることが目標です。どうぞよろしくお願いいたします!

■田中芳子さんプロフィール
1945年6月11日生まれ。東京都出身。
現在71歳。高校卒業後、三井銀行(現・三井住友銀行)勤務。結婚を機に茨城県結城市へ。稼業のオフィス家具販売店の経営に35年携わる。稼業の定年退職時期を控えた63歳の時「第二の人生」何をしようかと趣味を探していた矢先、東日本大震災が発生。茨城県の大子町で、りんご園を営む友人が原発の風評被害に遭っていると聞き、なんとかチカラになれないかと1つのりんごと向き合ったのがきっかけで、アップルパイを作るようになった。仕事やボランティア活動で忙しくしていた娘と社員に、3時のおやつ係りとして試作のアップルパイを毎日出し続けてる。試行錯誤し続けて1年、気付けば約2,000個のアップルパイを試食してもらう。次第に「売ってほしい!」と言われるようになり、通販をはじめ、イベント出店にも挑戦するようになった。


■STORES ASSIST PROGRAMとは
才能ある個人やスモールチームを飛躍させたいという思いから、ノウハウの提供や経済的支援をするプログラム。支援をすることで、新しいチャレンジを促したり、活動が広がるきっかけになることを期待しています。詳しくは下記をご覧ください。


【STORES ASSIST PROGRAMに関するお問い合わせ先】
ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社 広報担当
https://stores.jp/contact
※上記コンタクトページから、お問い合わせの種類「会社について > プレスリリース・広告関連について」をお選びください


ライジングセラー!
2

STORES.jp

本格的なネットショップが、誰でも簡単に作成できる『STORES.jp (ストアーズ・ドット・ジェーピー)』です。 STORES.jpはこちら▶https://stores.jp/

STORES ASSIST PROGRAM

STORES.jpが才能ある個人やスモールチームを応援するのプログラム「STORES ASSIST PROGRAM」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。