見出し画像

グリーフケアとしての似顔絵を提案する沖縄のゑんぴつ堂 朝日をSTORES ASSIST PROGRAMで支援!

先日最終選考を終えたSTORES ASSIST PROGRAMの結果をお知らせします。今回は5名の方にプログラムに参加いただきます。

STORES ASSIST PROGRAMで、沖縄にあるニガオエ・ドライフラワー専門店ゑんぴつ堂の朝日さんの支援を決定いたしました。今回の支援金を元に、グリーフケアアドバイザーの資格取得を目指し、大切な人を亡くした方の悲しみを癒やし、前向きに生きるきっかけのひとつとしての似顔絵を提案していきます。

朝日さんは、育ての親である義父を亡くしたことをきっかけに「想いが伝わる贈り物」を提案したいという思いでニガオエ・ドライフラワー専門店ゑんぴつ堂を開業。年間400名の似顔絵を描く中で、大切な人を亡くした方から「遺影」の依頼が増えており、絵の制作過程が遺族の心のケアになっていると感じたことから、グリーフケアとして似顔絵を提案。2019年沖縄県の経営革新計画として承認されています。

■朝日さんコメント
STORES ASSIST PROGRAMに採択されて、大変光栄に思います。
「ニガオエ・ドライフラワー専門店」というと、絵を描く趣味を仕事にしているんだろうなと思われることがあります。確かに好きなことを仕事にしていて毎日幸せですが、お店のコンセプトや私の信念は「人の心と心を繋げるギフトを作ること」です。
説明することも、それを形にしていく経済的なことやノウハウも、私にとっては簡単なものではありませんでした。
1次審査を通過した時、「まさか!?」と思いました。2次審査のプレゼンではとても緊張しましたが、120名を超える応募があったと聞いたとき、そんなたくさんの応募の中から、小さな島国の小さなお店のことも、ちゃんと見てくれたんだ、ということだけでも大変有意義な時間を過ごすことができました。
STORES.jpさんの、「才能ある個人やスモールチームを応援したい!」という今回のプロジェクトに参加させていただけて、本当に嬉しく思います。
1年後、どう変化していくのか今からとてもワクワクしています。

■朝日プロフィール
沖縄県出身。沖縄の伝統芸能である琉球舞踊の道場に生まれ育ち、沖縄国際大学日本文化学科で日本文学・サブカルチャーを専攻。卒業後、沖縄歌舞劇団美に入団し、中国・ブラジル・ミャンマー・ベトナム・カンボジア・ラオス・タイ・県外の小中学校で公演する。2011年に義理の父の死をきっかけに「想いが伝わる贈り物」を提案したいとゑんぴつ堂を開業。年間400名の似顔絵を制作する。


■STORES ASSIST PROGRAMとは
才能ある個人やスモールチームを飛躍させたいという思いから、ノウハウの提供や経済的支援をするプログラム。支援をすることで、新しいチャレンジを促したり、活動が広がるきっかけになることを期待しています。詳しくは下記をご覧ください。


【STORES ASSIST PROGRAMに関するお問い合わせ先】
ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社 広報担当
https://stores.jp/contact
※上記コンタクトページから、お問い合わせの種類「会社について > プレスリリース・広告関連について」をお選びください


ありがとうございます!!
1

STORES.jp

本格的なネットショップが、誰でも簡単に作成できる『STORES.jp (ストアーズ・ドット・ジェーピー)』です。 STORES.jpはこちら▶https://stores.jp/

STORES ASSIST PROGRAM

STORES.jpが才能ある個人やスモールチームを応援するのプログラム「STORES ASSIST PROGRAM」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。