ほうれん草とスモークサーモンのパスタを作った話

 残念! 宣伝記事です。

というわけで先日、俺の書いたラノベの二巻が出たのです。これね。

二巻ということは? そう、一巻もまた存在するのですね。

はい。

というわけで今回もまた一巻に登場する料理を作成していくことにします、やるぞ〜。

今まで作成したのは以下になります。


今回やっていくのは、文庫版の192ページに登場するほうれん草とスモークサーモンのパスタです。

ということでまず玉ねぎです。出でよ。

流石に丸々一個は多すぎるので半分にします。Doしていきましょう。

この後玉ねぎの繊維を断ち切るように切っていくのですが写真を撮り忘れていたので想像していってください。

でニンニクをDo。

フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクから香り付けしていきましょうわよ。

頃合いで玉ねぎ。

ところで玉ねぎですが、何故繊維を断ち切るように切ったかの謎は、二巻に書いてある。文庫版だと210ページになります。

よいしょ〜

スモークサーモンでござる。残しておいたところで他の使い道も思いつかなかったため、全部が投入されることに決まりました。ですからにより、小さく切っていく部分と、切らない部分とで二種類に分けます。

小さく切った方からフライパンに投入していきます。

頃合いで牛乳をバシャー。

弱火で煮詰めていき、牛乳にとろみがついたら火を止めて放置しておくわよ。味を馴染ませるためらしいが、本当か?

一方その頃ほうれん草は……

好みの大きさでいいと思う。

と、ここまで大きなミスもなくやっていきをしていたのだが、この段階で突然パーになってしまい、意味がわからん行動に移る。

上の写真見てもらえたらわかると思うのですが、水を張った鍋をコンロにかけると同時に、いきなりパスタを投入している。ご丁寧に塩まで入れている。箸でパスタをかき混ぜ、タイマーをセットし、パスタが茹で上がるまでフリータイムだ〜と、布団に寝っ転がった状態でようやく異常に気づく。

パスタ投入するのは沸騰してからだ馬鹿!!!!

馬〜鹿!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

お前何年パスタ作ってきたんだよ、本当にマジでさ。お湯にしてからパスタは茹でられるもんであって、水とともに茹でられるもんじゃないんだよ?

無に。無になってしまう。このままでは超うまいスモークサーモンクリームソースだけが完成し、それをずるずる啜るだけの意味わからん記事が完成することになる。いや待て、まだだ。希望は世界に転がっている。世界=インターネッツ。

焦りながらネッツで、「パスタ お湯になる前  美味しくできる」で検索!!! やってくれインターネット! 

結果ですが、「パスタは必ずお湯になってから茹でましょう。芯が残るし美味しい部分が水に溶け出しちゃうし最悪ですよ。絶対にお湯になってから。お湯。お湯。お〜湯!!!!!!!!!」といった内容の記事ばかりで、改めて自分の罪深さを知ることとなる。こんなことなら検索なんかしなきゃよかった……インターネットは意地悪。

泣いていてもコンロは頑張り屋さん! お湯になってまいりました! タイマーも鳴ったので、一本パスタを味見してみると、芯が残りまくっているというか、芯食ってる! みたいな状態だったのでますます茹で時間を超過することに。やってくれ〜。やがて、まあこれなら食える! 程度の固さになってくれましたので、ほうれん草を投入。四十秒くらい茹でます。

で、先程味を馴染ませるため放置していたフライパンに火をかけ、ソースを温めてからパスタとほうれん草を混ぜ込みます。コンソメなどで味を調整するがいい。

この辺りで、炒めずにとっといたスモークサーモンも投入。食感を変えるため、温める程度で完了としましょう。

予定よりだいぶ温めてしまったため、他のサーモンと見分けがつかなくなってしまっている。この辺は技術ですので皆さんはうまくやっていってください。俺は駄目です。

最終的に粉チーズを馬鹿みたいにかけます。写真には写っていない、下の方のソース部分にも大量にかけられている。で混ぜたら食べます。

美味い! 不安要素であったパスタの水から茹で問題ですが、ソースの味が濃いのでそんな気にすることなく食べられました。美味いものしか入れてないため、クリームソースがめちゃくちゃ美味い。これは無限に食えるソースです。

では本日のレシピで〜す。

材料:スモークサーモン ほうれん草 玉ねぎ ニンニク パスタ 牛乳 オリーブオイル 塩 胡椒 コンソメ 

①ニンニクをカットし、フライパンに入れたオリーブオイルで炒める。

②玉ねぎも入れ、きつね色に炒めていく。

③スモークサーモンを小さく切り、炒めていく。塩、胡椒で味調整。

④牛乳を入れ、弱火で煮込んでいく。

⑤パスタを茹でる。

⑥パスタを茹でる際の注意として、必ずお湯になってから茹でること。水の状態で茹でると、茹で時間がバグってしまうので注意。

⑦茹で時間三十秒前くらいに、カットしたほうれん草を投入し、一緒に茹でる。

⑧茹で汁、パスタとほうれん草をフライパンにいれ、温めながら混ぜていく。

⑨生に近いスモークサーモンも混ぜる。

⑩粉チーズを馬鹿ほどかける。粉チーズは多ければ多いほど美味しいので。

以上!

ラノベに書いてる手順とは若干違いますが、あれはエンターテイメントなので実際とは違います! 実際の場合、水からパスタを茹でてしまうなどの手順が発生してしまうので気をつけましょう。

というわけでラノベの宣伝記事でした。以上の料理が登場するのは一巻になります。買おう。ついでに二巻も買おう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

竹内佑

お芝居やライトノベルやらを書いています。 http://www.amazon.co.jp/-/e/B00J5QJI8A 欲しい物リスト→http://amzn.asia/fleoNuZ

雑談

有象無象な文章。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。