『ベイビー・ドライバー』 感想

耳鳴りに悩まされる逃がし屋が、ずーっと音楽を聴いている映画。

This is ミュージカル西部劇!



父殺しの映画であることは、前半、ケビン・スペイシー演じるドクが出て来た時点で理解できたが、父の存在があんなにコロコロ変わるとは思わなかった!

そこが相当フレッシュで、ドクが、あの様な最期を迎えるとは想像できなかった。
同時に、バディも。
そういった想像の裏切りを楽しさと共に魅せてくるのがエドガー・ライト監督の素晴らしさであり、どうしたって毎回好きにさせてくれる点でもある。



主人公ベイビーにとって父とは、女性を傷つける邪悪な存在であるのだが、女性を愛していたバディが、愛していた存在を殺されたが故に敵になる、という展開は、まさにベイビーが大人になるための通過儀礼であり、避けられないのだ。
ドクも、いつまでも子供だと思っていたベイビーが、好きな女性のために自分に反抗する姿を見たときに、態度を翻して助けてくれるのも感動的。
「昔の自分を見るようだ」みたいな台詞も粋。
いつまでも子供だと思っていたベイビーが、愛する者を見つけ、父である自分に反抗する姿を、受け入れて道を示すドクはカッコいい。
己の未来を息子に委ねる姿。


あと、ダイナーのシーンがタランティーノ過ぎて笑った。会話だけの緊迫シーン大好き。

かように、今作は西部劇とタランティーノとミュージカルとファミリー映画(家族を描くという意味)とのミックスで素晴らしかったです。
一言でいうと、超面白かった!

映画の中でも台詞で出るけど、ボニーとクライドの『俺たちに明日はない』のラストを踏襲したラストシーンは驚きに満ちているし、その後の爽やかさも秀逸!
いいね!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

竹内佑

お芝居やライトノベルやらを書いています。 http://www.amazon.co.jp/-/e/B00J5QJI8A 欲しい物リスト→http://amzn.asia/fleoNuZ

映画の感想

映画の感想です。 背景画像は最新記事の作品です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。