読書・鑑賞note

4
ノート

#4 写真と詩の展示 『五月の虹』を観て

「生きることは地獄です。」

一年くらい前、とても惹かれる写真をTwitterで見たのがきっかけで知ったトナカイさん。
妻さんの写真がアップされるのは、私の日々の楽しみの一つになっている。
日常を日常として切りとっているのに、神秘や尊さを感じる写真たち。”瞬間”に対する愛を感じる写真が好きで、素敵だなあと思っていた。

生きることに対して「地獄」という表現をされていることに驚いた。
トナカイさんの

もっとみる
よろしければシェアもお願いします♡
4

#3 『読みたいことを、書けばいい。』ライブ感想文

19ページ目で、泣きそうになった。

一度本を閉じて、この先心を揺さぶられる度に感想をメモすることにした。
こんなことをしたいと思ったのは初めてだ。内容をメモすることはあっても、感じたことをメモしたくなるなんて。豊かな本。



p.19
会いたかった人と2人きりで会えている歓喜、と似たような感動。たのしく書かれている文章を読むことは、こんなに嬉しくてキュンとすることだった。そうだった。

p.

もっとみる
心がホクホクします!
10

#2 映画『福島は語る』を観て

東日本大震災から8年。
あの日のこと、
あの日からしばらくのこと。

私自身の記憶はあっても、
他の人たちの8年間を
こんなにもリアルに感じた時間は
初めてだった。

170分間。
14人の方が
震災後の自分自身を
語ってくれるドキュメンタリー。

他人の私が聴いていいのかな、という
その方の深い真実が描きだされていた。

切々と、でもあくまで静かに話している
その想いの強さ。その悔しさ。無念さ。

もっとみる
よろしければシェアもお願いします♡
3

#1 映画『百円の恋』を観て

『百円の恋』を観た。

最後の試合のシーン、
涙が止まらなかった。

あれだけ無我夢中に、
これしかないとボクシングをしても、
格上の相手にボコボコにされる。
でも、「やりたい」と何度も立ち上がる。
勝ちたかった、と泣く。

私はそもそもの努力もせずに、
ボコボコにされてもいないのに、
自分で自分の首を絞めているだけだ。

自分の中に、ベースとなるものが無い
と気づいた、この1週間。

口だ

もっとみる
読んでくれてありがとう。よい一日に!
3