見出し画像

人生はのろさにあれ #190822

スピードや効率を求めたほうが良いものもある。しかし、必ずしもすべてがそうではない。

人生は、ゴール設定も人それぞれだし、歩み方も人それぞれだから、あまり効率を考えたことがなかった。
一方で、時間の無駄、いつ死ぬか分からない、という考えもあるわけで。

のろい方がよい、と言いきっている山村さんの言葉が面白いと思った。

前ではなく空を仰ぐ
余白を持たせること、立ち止まって自分に問いかけること、より道から気づきを得ること。今、わたしが大切にしようとしていることと繋がった。

わたしは、人生を豊かにしたい。それは速いことでも、効率がよいことでもなく、のろいことなのかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただき、ありがとうございます! 有料noteを読んで、学びにして、また書きたいと思っています。

す・き・だー!と叫んでみると楽しいです
6

Suzu Inamoto

自分の「好き」に気づいた瞬間、人は光る。「好き」は入り口で、「嫌」を乗り越えた先に「愛」として、そこにある気がしている。

「折々のことば」に想うこと

朝日新聞朝刊の鷲田清一さんの「折々のことば」。毎日読むのが楽しみです。そこには、「ハッとすることば」があるから。 感じたことや考えたことを書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。