誰に認められたい?

最近ずっと考えている事。

私は今
同世代や少し上
少し先を走っている人たちに実力を認めてもらえる事が一番の喜びになっている。

すぐに大きな仕事に繋がるって考えたら
やっぱり大御所のカメラマンやプロデューサー
企業の偉い人たちに認められなきゃいけないのかもしれない。

でも今は
そういう近い世代の人達と一緒に登っていきたいと思うし
私もまた、下の世代を引っ張っていける存在になれたらなと思っている。
そしてなぜだか
それで上手く行くという感じがしている。

そういう意味で、どんどん私を利用してほしいし
利用されているという嫌悪感は無く
むしろ誇りに思う気持ちの方が強い。

これが若いってことなのかな…?
尖ってるってことなのかな…?

例えばアルバイトで上司に理不尽なことを言われても
物分かりの良いようなふりをして乗り切ってしまったりするけど

自分の一番やりたいこと・好きなことでは妥協したくないし
長いものに巻かれたくはないな。

こんな事言わない方が良いんだろうけど。

photo by マコトオカザキ

#ミスiD2019


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

明 澄

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。