見出し画像

笑った恋愛、しても良いんじゃない?

1990年代に『101回目のプロポーズ』や『東京ラブストーリー』と、劇的な恋愛模様を描いたドラマが次々と放映された。それに感化された人たちはロマンチックな恋愛模様へと想いを馳せるのであったとさ。


ロマンチックなドラマといえば、道行くトラックに身を投げ出し、間一髪のところで停まる。「僕は死にましぇ~ん」と叫ぶ主人公。あまりのぶっ飛んだ行動に視聴者は大爆笑...とはならずに、テレビの前で涙を流すという。これぞ恋愛ドラマ。

この続きをみるには

この続き:1,611文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは、スガイの独特な文章に触れることができます。1000円買い切りです。一度買えば半永久的に増え続けます。

コラムを定期的に発信していきます。最初は無料で書いていた記事が時間経過で、こちらに入ります。基本的にこのマガジンに入るのでドンドン増え...

または、記事単体で購入する

笑った恋愛、しても良いんじゃない?

スガイタイキの1人で出版

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

興味を持っていただければ幸いです😌

一緒に続けましょう☺️
3

スガイタイキの1人で出版

都内で編集兼ライターをやっています。現在ライティング勉強中。「恋愛」などのジャンルをメインにマガジンを作っていってます。箕輪編集室ライターチームで活動をしています。その内容もマガジンで配信していきます。

モテで心に余裕をもたせる

コラムを定期的に発信していきます。最初は無料で書いていた記事が時間経過で、こちらに入ります。基本的にこのマガジンに入るのでドンドン増え続けます。”モテ”や”恋”、”煩悩”、といったワードが多めです。