ノートの切れはしnoteバナー

『#ノートの切れはし』コンセプトnote

春の温かい日差しに包まれた教室。

僕は黒板に文字を書く先生の背中を見ながら、放課後のことを考えてた。

本屋に行って、今日発売のコミックを買って帰ろうか。それとも、仲の良い友達を誘ってカラオケでも行こうか。

そんなことを考えていると、「トントン」と不意に誰かが僕の肩を叩く。

頭の中を覗かれたのかと思い、焦って振り向いた。後ろの席に座る子が、大学ノートの端っこを丁寧に破いた、小さな手紙を差し出してきた。

誰かが自分宛てに手紙を書き、それがクラスを巡りめぐって自分のところえへたどり着いたんだ。どこから来たのだろう。

受け取った手紙を広げると、女の子が書いたような綺麗な文字で、なんてことない言葉が。


【ぼーっとしないで、ちゃんと授業を受けなさい!笑】


誰かが、放課後のことを考えている僕を見て書いた手紙だ。

振り向くと、数人がこちらを見ながらクスクスと笑っている。

笑っている人を辿ると、差出人らしき人物がこちらを見ていた。

窓際の席に座る、あの子だ。

僕は大学ノートを、もらった手紙と同じ大きさに破り、その子に向けてメッセージを書いた。


【お前もちゃんと受けろ(笑)】


そんなやり取りが行われているとは知らずに、先生は板書を続ける――


画像1







この共同運営マガジン『#ノートの切れはし』は、リレー方式でnoteを書くマガジンです。

なにかがきっかけで集まった、金藤良秀河地真里菅井泰樹氷上太郎堀田しょう松儀愛侑の6人で綴っていきます。

特にテーマを決めていません。


学生時代の授業中に回ってきた、

なんてことない手紙のように、

なんてことないnoteを自由に書いていきます。


ーーー

『#ノートの切れはし』運営メンバー

金藤良秀

河地真里

菅井泰樹

氷上太郎

堀田しょう

松儀愛侑


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

興味を持っていただければ幸いです😌

またの記事をお待ち下さい😌
9

スガイタイキの1人で出版

都内で編集兼ライターをやっています。現在ライティング勉強中。「恋愛」などのジャンルをメインにマガジンを作っていってます。箕輪編集室ライターチームで活動をしています。その内容もマガジンで配信していきます。

『#ノートの切れはし』

学生時代、授業中に回ってきた「ノートの切れはし」。そこには、なんてことない言葉が書かれていました。そんな手紙のような「ノートの切れはし」を、このnoteで再現していきます。特にテーマを決めていません。なんてことない言葉を、なんてことなくnoteに綴っていきます。このマガジン...