ビジュアルデザインを一発で通すための第一歩

4月からニートになったタニカワサキです。

現在はWeb制作について勉強をしながら、学んだことを活かすべく2つ目のWebサイトを制作中です。 初めて制作した際にもハチャメチャに悩んだけど、Webサイトを作ろうと思ったときに何から始めたらいいのか何を考えたらいいのかまだ整理が出来ていません。

アレコレ調べてウーンと考えて特に進まず終わってしまい、無駄な時間を過ごしてしまったのではないかと不安に感じることが多々あります。ニートだから余計。


そんなときに岡山でWebデザインに関するセミナーがあると知り、岡山WEBクリエイターズ主催の「Webデザインシンキングセミナー in 岡山」に参加したのです。 YATさんとManaさんが『Webサイトをデザインする前に考える事』『「素人っぽい」を脱するデザインテクニック』についてお話して下さいました。

YATさんとManaさんといえば、ウオォ…ネットで見たことある人ォ…困ったときの調べもので検索結果の上位によく出てくるゥ…ハチャメチャにお世話になっております……と尊敬の眼差しで見つめずにはいられない方々。

まさに今悩んでいる『Webサイトをデザインする前に考える事』についてはYATさんがお話して下さいました。


デザインをする前には情報をまとめたり、構造を決めたり…その他にもたくさんありましたが、わたしが実践出来ていないことばかりでメモを取る手が止まりませんでした。その中でも大切だなと思ったのは依頼主とのコミュニケーション。YATさんは始めに6時間ほどお話をすることもあるそうです。

依頼主が考えていることと制作側の頭の中がまるっとまるごと見えたらいい(それもそれで困る)けれどそうじゃない。依頼主の話を聞いたり、これはこうした方がいいですよって制作側が提案したり、考えている頭の中を共有しないとお互いが別の道を突っ走ってしまう。

Web制作に限らず人と人が関わると自ずとコミュニケーションが大切になる。頭ではわかっちゃいるけどなかなか上手く出来ないんですよね。ワハハ


とにかくこうした準備をしっかりしておかないとある程度デザインが出来たとしても途中でブレてしまうんだなと思いました。 そう、ワイのように

YATさんはビジュアルデザインは一発で通るとお話されていました。それはやはりデザインをする前の準備をしっかりされているからですよね。

わたしはまだユーザーのことも、なぜこのデザインにしてなぜこのデザインにしなかったかということも全てのことを考えきれていないからデザインに迷いが出てきてしまうのだなと感じました。


全てのことを完璧にしようとすると何事も中途半端になってしまうので、まずは一つ一つ「なぜ?」という疑問を持って自分の中で答えが出せるようにしていきたいです。そして今回学んだデザインをする前に考えることを意識して精進して参ります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

勉強のための書籍などに変身します。

わたしもスキです
4

デザイン

デザインに関わるノート
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。