レビュー:2018:J2:第15節:H:vs東京ヴェルディ「中断を挟み状況が一変するが押し切れず痛い敗戦」

岡山vs東京V:0-1
得点者:35藤本 寛也(17李 栄直)
観客数:6,709人(4,312人)
試合会場:シティライトスタジアム

1、チーム情報&評点

評価基準

良:1~5:悪

審判

主審:福島 孝一郎:2.5
副審:篠藤 巧、淺田 武士:2.5
第4の審判員:松本 大

H:岡山

監督

長澤 徹:3.0

スタメン

24赤嶺 真吾:3.0
19仲間 隼斗:2.5、18齊藤 和樹:3.0
11三村 真:3.0、14上田 康太:2.5、15末吉 隼也:3.0、17関戸 健二:3.0
6喜山 康平:3.0、4濱田 水輝:2.5、8塚川 孝輝:3.0
13金山 隼樹:3.0

リザーブ

GK:22一森 純
DF:33阿部 海斗、3後藤 圭太(再試合時追加)
MF:25武田 将平、7伊藤 大介、10大竹 洋平
FW:16リカルド・エンリケ・ダ・シルバ・ドス・サントス(リカルド・サントス)、20藤本 佳希(再試合時抹消)

途中交代

17関戸 健二→10大竹 洋平:3.0
11三村 真→25武田 将平:評価不可
18齊藤 和樹→16リカルド・エンリケ・ダ・シルバ・ドス・サントス(リカルド・サントス):評価不可

A:東京V

監督

ミゲル・アンヘル・ロティーナ:2.5

スタメン

16佐藤 優平:2.5、 9ドウグラス・ダ・シルバ・ヴィエイラ(ドウグラス・ヴィエイラ):2.5、23藤本 寛也:2.0
20井上 潮音:2.5、33渡辺 皓太:2.5
17李 栄直(リ・ヨンジ):2.0
24奈良輪 雄太:2.0、5平 智広:2.5、3井林 章:2.5、2若狭 大志:2.5
21上福元 直人:2.5

リザーブ

GK:1柴崎 貴広
DF:4畠中 槙之輔(再試合時抹消)、23田村 直也(再試合時抹消)
MF:8内田 達也、27橋本 英郎、38梶川 諒太
FW:7アラン・ロペス・ピニェイロ(アラン・ピニョエイロ)、11林 陵平、22カルロス・マルティネス・ロドリゲス(カルロス・マルティネス)

途中交代

35藤本 寛也→23田村 直也:3.0
2若狭 大志→4畠中 槙之輔:2.5
23田村 直也→8内田 達也:2.5
16佐藤 優平→7アラン・ロペス・ピニェイロ(アラン・ピニョエイロ):評価不可

2、得点経過

A:東京V:0-1:前半20分:35藤本 寛也(17李 栄直)

 東京の選手のスローインを17李 栄直(リ・ヨンジ)がヒールの様な左足のタッチで股を抜いて落とす事で、6喜山 康平のマークを無力化し、35藤本 寛也が受ける。15末吉 隼也が寄せに行くも、35藤本 寛也が巧みなトラップとドリブルを同時にやる様なタッチでかわすと、GKの至近距離から左足でシュート。22一森 純を手をかすめた様にも見えるが、ゴールに突き刺さり、35藤本 寛也の先制ゴールが決まる。

3、数値評

評価基準

良:1~5:悪

H:岡山

攻撃評価:D
守備評価:C
采配評価:C
総合評価:C

A:東京V

攻撃評価:B
守備評価:B
采配評価:C
総合評価:B

4、文章評

雷雨により中断されたこの試合。中断前の東京Vの個の力による失点し、勝負所で、押されていたが、一変して、猛攻を仕掛けた岡山。しかし、東京Vの粘り強い守備の前にゴールを最後まで破る事は出来なかった。

 試合間隔が開き、逆転するという準備をして臨みましたが、勝利を掴めなかったダメージの大きな連敗となったが、上位を狙える位置で、流れをここで変えたかったが、それも叶わなかった。ずるずると下がる厳しいチーム状態を示す結果であった。

 この試合の代替え試合では、専用グッズを販売するなど、ある意味、思い出となる試合となった。まだまだ上を目指せる状況という事もあり、気合が入っていたが、なかなか思うように結果を残せなかった。

5、試合評

Man Of the Match(MOM):23藤本 寛也(東京V)
Most Impressive Player(MIP):17李 栄直(東京V)
満足度(10点満点):4点(★★☆☆☆)

6、試合後通算対戦成績

J2通算対戦成績

A:岡山:6勝(16得点):4分:(27得点)10勝:東京V:H

H(岡山)

シティライトスタジアム:4勝1分6敗

A(岡山)

通算:2勝3分5敗
味の素スタジアム:1勝3分5敗
国立競技場:1勝0分0敗

7、今季の成績

勝敗(20/42)
8勝6分6敗(7位?:勝ち点30)

得失点
20得点16失点(+4)

ホームスコア(10試合:4勝3分3敗:12得点7失点)
1-0×2、3-0×1、3-1×1、0-0×1、2-2×2、0-1×3

アウェースコア(10試合:4勝2分4敗:8得点9失点)
0-1×3、1-3×1、1-1×2、1-0×3、3-0×1

得点時間帯(20得点:前半×9、後半×11)
1分~15分×2、16分~30分×3、31分~45分×4、前半AT
46分~60分×6、61分~75分×5、76分~90分、後半AT

失点時間帯(16失点:前半×10、後半×6)
1分~15分×2、16分~30分×4、31分×45分×4、前半AT
46分~60分×2、61分~75分×1、76分~90分×2、後半AT×1

ゴール(全20ゴール)
3後藤 圭太×1(頭1)、4濱田 水輝×3(頭3)、6喜山 康平×1(頭1)、7伊藤 大介×1(右足ミドル1)、8塚川 孝輝×2(頭1、右足ミドル1)、11三村 真×1(左足ボレー1)14上田 康太×3(FK左足3)、18齊藤 和樹×1(PK右足×1)、19仲間 隼斗×2(頭1、ボレー右足1)、24赤嶺 真吾×2(左足ボレー1、PK右足1)、25武田 将平×1(左足ミドル1)、33阿部 海人×1(左足1)、オウンゴール×1(足1)

アシスト(全12アシスト)
8塚川 孝輝×2(頭1、右足1)、9李 勇載×1(右足1)、14上田 康太×4(CK左足1、FK左足2、クロス左足1)、18齊藤 和樹×1(右足1)、19仲間 隼斗×1(左足1)、24赤嶺 真吾×3(パス右足2、クロス右足1)

得点の形(20得点:流れ×6、セットプレー×14)
ボール奪取→ミドルシュート(右足)×1クロス→左足ボレー×1、クロス→右足ボレー×1、クロス→頭×1、FK→頭×2、左足直接FK×3、FK→混戦→左足×1、CK→混戦→頭×1、速攻→ポストプレー→右足ミドル×1、CK→2次クロス→頭×1、右CK→セカンドボール→ダイレクトボレー(左足)×1、左CK→頭×1、PK(右足)×2、クロス→オウンゴール×1、ロングスロー→混戦→頭×1、ロングスロー→セカンドボール回収バックパス→左足ミドル×1

失点の形(16失点:流れ×12、セットプレー×4)
左足(フリック)→頭×1、右足(パス)→右足(ミドル)×1、右足(スルーパス)→右足×1、右足(浮き球パス)→右足(ボレーシュート)×1
右足(クロスが直接)×1、右足(クロス)→頭×2、左足(クロス)→頭×2
毀れ球→ドリブル→シュート(右足)×1
スローイン→ヒール(左足)→トラップ~シュート(左足)
CK→ショートコーナー→右足(ミドル)×1
PK×1、PK(右足)×1
右足×1、右足(ミドル)→オウンゴール×1

岡山から世界へ
To Be Continued

by 杉野 雅昭(Masaaki Sugino)

 記事の質の向上のために反対意見や間違いの指摘などのコメントも大いに歓迎ですので、気軽にコメント宜しくお願い致します。また、スキ数は、記事を書く意欲へと繋がる事に加えて、記事を書く上での参考とさせて頂いています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サッカーを中心に投稿しています。今後とも宜しくお願い致します。

スキ有難うございます。今後とも宜しくお願い致します。
4

杉野 雅昭

2018年ファジアーノ岡山

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。