プレビュー:2018:J2:第30節:H:vs水戸ホーリーホック「3連勝に導く道はが見えるか。」

1、予想メンバー

監督

長澤 徹

スタメン

18齊藤 和樹
19仲間 隼斗、7伊藤 大介
11三村 真、14上田 康太、15末吉 隼也、21椋原 健太
6喜山 康平、3後藤 圭太、31下口 稚葉
13金山 隼樹

リザーブ

GK:22一森 純
DF:33阿部 海斗
MF:39高橋 壮也、11三村 真、17関戸 健二、10大竹 洋平
FW:24赤嶺 真吾

2、注目ポイント

キーマン

「14上田 康太」

 メンバーの多少の入れ替えが考える中で、前節(数字上は26節)リザーブスタートの途中出場であった事を考えると、スタメンの可能性は高い。15末吉 隼也が後ろに構える形にして、攻撃に比重を置いたことで、持ち味をより発揮出来る様になってきた。
 この試合でも、そういった狙いを持った戦い方にするのか、それともメンバーと同様に戦い方を変えるのか。そこは、チーム戦術に関わる根幹となる部分である。前線の組み合わせが不透明な中で、どうバランスをとるのか。チームの3分の1のアシストを誇る14上田 康太の左足を活かし、難敵水戸の壁を打ち破る攻撃を展開したい。

攻撃のキーワード

「連動性の維持」

 金沢戦と徳島戦。37鄭 充根(ジョン・チュウグン)と9李 勇載(イ・ヨンジェ)が、ピッチに立っていない時間帯に、得点を奪って勝利することが出来た。相性の良し悪しが良い方向に働いた事も否定できないが、チームとして、ロングパスだけに頼らない形を作れた事が大きい。
 幸いな事に37鄭 充根(ジョン・チュウグン)の負傷離脱ではなく、試合に出る事が出来た中で、ロングパスという武器を使う事も出来る。カウンターも何回か出来るシーンも出てきた。37鄭 充根(ジョン・チュウグン)の攻撃意識が、長澤 徹監督の方針や選手の意識を変えた可能性があり、先制すれば、そういった形での得点も期待できそうだ。

 19仲間 隼斗と18齊藤 和樹もコンディションが上がっており、高いパフォーマンスを魅せている。チームとして、戦う姿勢をベースにし、チーム一丸となって、連動した攻撃で、得点を奪い勝利に繋げて欲しい。

守備のキーワード

「対人能力」

 エアバトラーであるCBが3後藤 圭太と23久保 飛翔という状況。この苦しいチーム状況で、ロングパスやセットプレーで、空中戦で、どれだけ戦えるかは、生命線となる。この辺りの守備の強度をどうやって維持するかは、シンプルだが、勝利するために、非常に重要なポイントである。

3、試合前通算対戦成績(vs水戸)

J2
H:岡山:5勝(22得点):5分:(28得点)10勝:水戸:A

試合会場別(岡山視点)
H:シティライトスタジアム:2勝2分4敗
H:津山陸上競技場:1勝0分0敗
A:笠松運動公園陸上競技場:0勝0分1敗
A:ひたちなか市総合運動公園陸上競技場:0勝0分1分

4、試合後チーム成績(2018年データ)

勝敗(29/42)(他チームに中止試合複数有)
12勝8分9敗(暫定8位:勝ち点44)

得失点
31得点27失点(+4)

ホームスコア(14試合:6勝6分2敗:20得点11失点:+9)
〇(6):1-0×2、3-0×2、2-1×1、3-1×1
△(6):0-0×3、2-2×2、3-3×1
●(2):0-1×2

アウェースコア(15試合:6勝2分7敗:11得点16失点:-5)
〇(6):0-1×5、1-3×1
△(2):1-1×2
●(7):1-0×4、2-0×1、3-0×1、4-1×1

得点時間帯(31得点:前半×15、後半×16)
1分~15分×4、16分~30分×4、31分~45分×7、前半AT
46分~60分×8、61分~75分×8、76分~90分、後半AT

失点時間帯(27失点:前半×13、後半×14)
1分~15分×3、16分~30分×5、31分×45分×5、前半AT
46分~60分×5、61分~75分×2、76分~90分×4、後半AT×3

ゴール(全31ゴール)
FW(9):18齊藤 和樹×2(右足×1、PK右足×1)、19仲間 隼斗×6(頭4、右足1、ボレー右足1)、24赤嶺 真吾×2(左足ボレー1、PK右足1)、37鄭 充根×1(PK右足1)
MF(12):7伊藤 大介×2(ダイビングヘッド1、右足ミドル1)、8塚川 孝輝×3(頭1、右足ミドル1、左足ミドル1)、11三村 真×1(左足ボレー1)14上田 康太×3(FK左足3)25武田 将平×1(左足ミドル1)、17関戸 健二×2(右足シュート2)
DF(7):3後藤 圭太×2(頭2)、4濱田 水輝×3(頭3)、6喜山 康平×1(頭1)、33阿部 海人×1(左足1)
GK:なし
その他(1):オウンゴール×1(足1)

アシスト(全21アシスト)
FW(10):9李 勇載×1(右足1)、10大竹 洋平×2(左足2)、18齊藤 和樹×4(頭1、右足1、右足クロス2)、19仲間 隼斗×1(左足1)、24赤嶺 真吾×3(パス右足2、クロス右足1)
MF(11):8塚川 孝輝×2(頭1、右足1)、14上田 康太×7(CK左足2、FK左足2、クロス左足1、パス左足2)、21椋原 健太×2(右足クロス2)
DF:なし
GK:なし

得点の形(31得点:流れ×15、セットプレー×16)
ボール奪取→ミドルシュート(右足)×1
パス(左足)→ミドルシュート(左足)×1、パス(左足)→シュート(右足)×1
スルーパス(左足)→シュート(右足)×1
クロス(右足)→右足×1、クロス(右足)→ダイビングヘッド(頭)×1、クロス(右足)→トラップ→右足シュート×1、クロス(右足)→折り返し(頭)→ヘッディングシュート(頭)×1、クロス(左足)→ヘッディングシュート(頭)×1、クロス→左足ボレー×1、クロス→右足ボレー×1、クロス(右足)→頭×1、クロス→頭×1、クロス→オウンゴール×1
速攻→ポストプレー→右足ミドル×1
FK→頭×2、FK→混戦→左足×1
CK→混戦→頭×1、CK→2次クロス→頭×1、右CK→セカンドボール→ダイレクトボレー(左足)×1、右CK(左足)→頭×1、左CK→頭×1、
左足直接FK×3、PK(右足)×3
ロングスロー→混戦→頭×1、ロングスロー→セカンドボール回収バックパス→左足ミドル×1

失点の形(27失点:流れ×22、セットプレー×5)
カウンター(CK)→ロングパス(左足)→ダイレクトシュート(右足)×1、カウンター(CK)→スルーパス(右足)→ループシュート(左足)
左足(フリック)→頭×1、右足(パス)→右足(ミドル)×1、右足(スルーパス)→右足×1、右足(浮き球のスルーパス)→右足(流し込むシュート)×1、右足(浮き球パス)→右足(ボレーシュート)×1、右足(背面スルーパス)→右足(股抜きシュート)×1、右足(ヒールパス)→右足(シュート)×1
右足(クロスが直接)×1、右足(クロス)→頭×2、右足(クロス)→ブロック→右足(押し込み)×1、右足(クロス)→右足(ジャンピングボレーシュート)×1
左足(クロス)→頭×2、左足(グラウンダーのクロス)→左足(押し込み)×1、左足(グラウンダーのクロス)→スルー→左足(シュート)×1
ドリブルからシュート(右足)→セーブ→ダイレクトシュート(右足)×1
毀れ球→ドリブル→シュート(右足)×1
CK→ショートコーナー→右足(ミドル)×1
PK×1、PK(右足)×2
右足×1、右足(ミドル)→オウンゴール×1
ロングスロー→テクニカルな繋ぎ→シュート(左足)×1

5、希望メンバー

監督

長澤 徹

スタメン

19仲間 隼斗、18齊藤 和樹
39高橋 壮也、14上田 康太、10大竹 洋平21椋原 健太
15末吉 隼也
6喜山 康平、3後藤 圭太、33阿部 海斗
13金山 隼樹

リザーブ

GK:22一森 純
DF:31下口 稚葉
MF:2澤口 雅彦、25関戸 健二、7伊藤 大介
FW:24赤嶺 真吾

岡山から世界へ
To Be Continued

by 杉野 雅昭(Masaaki Sugino)

 記事の質の向上のために反対意見や間違いの指摘などのコメントも大いに歓迎ですので、気軽にコメント宜しくお願い致します。また、スキ数は、記事を書く意欲へと繋がる事に加えて、記事を書く上での参考とさせて頂いています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サッカーを中心に投稿しています。今後とも宜しくお願い致します。

スキ有難うございます。今後とも宜しくお願い致します。
1

杉野 雅昭

2018年ファジアーノ岡山

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。