代表世話人(だてにはげて)

新卒証券会社、後にKEYENCE。その後損害保険会社で毎日楽しく経営者に会い続けることを実践。50歳で独立、1963年生まれ。スタートアップ、中小企業、大企業の皆さんと毎年、紹介のみで年間1000人以上と新規に出会い続けています。ご縁に感謝http://100-dream.jp/

直感が大切、小さな違和感を放置しない。

1.01の法則、何度か見かけますね。
たしかにコツコツが大切であること
理解しています。

最近この法則が違う場面でも適用できると
うなずいたことがありました。

先日、ある経営者が、
めちゃくちゃスピード感があり、手先も器用
事業達成感、意欲もある部下を半年前に登用し
ある新規組織を組成しました。

私はその時に止めなかった。
うまくいかないという【違和感】を
直感的に感じていましたが。

その

もっとみる

『歳をとるのもおかげさま』と思える毎日に感謝です。

『歳をとるのもおかげさま』
と思える毎日に感謝です。

なんの取り柄もない自分に、
声を掛けてくださったり
真剣な相談をいただいたり
目まぐるしいときも。

その上、年齢、年代を超えて
多様な方々と談笑できている有り難さ。

先週は
大学生さんとの対話できる日も複数に
逆に
人生の先輩ともお話しできる場面も
年齢幅だけ数えてみると、上下60歳近くか。。。。

大学生さんとの対話、
毎年恒例の面接審

もっとみる

自然な成り行きに逆らわず、正直をなりわいに。

欠けてゆく月も
やがて満ちて来る
なりわいの中で。

欠けようとしている月が
いきなり満ちてきたら。。。
おかしい。
自然な流れが大切。
ある意味【嘘】がないということにも。

昔、田中角栄さんが現役バリバリの頃
常々口にしていたのが
『水は高きから低きにしか流れない』
と10年ほど前に教えてもらったことがあります。
自然の摂理に背いては全て長続きしない。

ある経営者とブランディングについて

もっとみる

継続し続ける、そして未来を想い、描くことの大切さを感じ入る。

先日ご紹介でお会いした経営者
ある基準をたった数年で突破したこと、
まさに稀有の世界。
でも、
お話をお聞きして10分ほどから
違和感をなぜか感じていました。
会話が、今より以前のもの。
未来を憂うが、その策も見えてこない。
危機感はあるが、
社会構造への不満に終始。
他人任せの打開策でなく 現場感を持ち、
今やるべきこと、明るい未来を描くことが
改めて大切だとこの経営者に会い、
感じ入ることがで

もっとみる

我流と自分流は違う、型も無いのに型破りなんて。。。。

【自分流】でやってみて上手く
行き始めました。
と報告くださった経営者。

【我流】と【自分流】は違うと
改めて感じました。

型も無いのに型破りなんて有り得ない。

この経営者さん、
全く経験も無い、周りの方々や
従業員さんもびっくりするほど
縁遠い新規事業に参入すると
昨年の秋頃に連絡をいただき、
私自身もビックリしたこと、
鮮明です。

そこからその同業種の日本中の【現場】を
訪問体感しなが

もっとみる

お先へどうぞの感覚、余裕って大事です。原因を自分に求めてみる。

朝の品川駅通称【ゾンビ行進】
我先に前へ前へ、
たまにぶつかって倒れている人も
そんなの御構い無し。
余裕ないですね。

余裕を持って少し早めにでることなく
毎日同じ時間でしかめっ面。。。。

真上にあるブルーボトル品川の
カウンターから見て
【あんな人生でなくてよかった】と感じます。

サラリーマンでありながらも
土日も関係なく、いつ働こうと
自分勝手な感じを認めてもらえて。

それも少しの余裕

もっとみる