見出し画像

前代未聞


今朝、私は。
私として、いや女として、前代未聞のことをした。
いっさい化粧をしなかったのだ。
顔洗って、日焼け止めだけつけて、服着て、髪結って、終了。


なにこの速さ。光より速いよ。
しかも、みてくれは整ってる。
だってどうせ汗まみれで顔びしゃびしゃになる。タオルでざざっと、手が空いた時にぬぐう。ファンデから眉から全部落ちる。
じゃあ、いらないじゃん。清掃婦はきちんと制服着て清潔に見えればいい。そしてお客様にはにこやかに丁寧に対応する。それが肝心。
それに誰も、ほとんど私なんか見ないでしょ。掃除してるだけなんだから。
まじめにやればいいだけ。
それに私は通勤途中、感極まって泣いてしまうことがよくある。お化粧は意味がない。


でも、お化粧はしたい。
昨日も、一昨日も、仕事上がりに近くのスーパーのトイレの鏡できれいにした。
今日は帰りに手洗い用のせっけんで顔をざぶざぶ洗って、昨日一昨日同様スーパーのトイレでのんびりお化粧。まず髪を梳かしてきれいに結い上げる。
もっとも私のお化粧は速い。ファンデをうすくのばして、眉をきれいにひいて、リップ、ほんのりチーク。ちゃんとアクセサリー、香水もぬかりなく脚につける。
ほら、出来た♪気分一新。
さあ、ゆっくり帰ろう。


あらゆる仕事をやってきたけれど、いつもいつも緊張というか、「恐怖」していた。
いつまで経っても慣れない。一年経っても二年経っても恐怖は取れない。
仕事前は苦痛で苦痛で、家を出るのもいちいち勇気を振り絞らなければならなかった。
おまけにいつまで経っても仕事を覚えられない。
自分は、だめな人間なんだ。


でも、私はこの仕事、最初からすきだと思った。職場のスタッフとも二日目にはもう打ち解けたし、年齢をみんなにばらされても全然平気だった。あははもうじき50ですようと笑っていた。
そうね、頭をいっさい使わないで済むし、職場の人たちはみんなてきぱきと明るい女性たちだ。休憩時間も和気あいあい。年配の女性の方々ならではの、色んな気さくな楽しい話。
私もすぐ話の輪に加われた。みんな笑ってくれる。
ちなみに私は川崎市事業所全体の中でいちばん若いのだそうだ。
みんなすきだと思った。
私が職場の人たちをみんなすき?
前代未聞。


仕事はのみこみが早いらしい。もともと、入るたびに掃除しているお手洗い。どこに行っても、使い終わったあとはする。ほうきやモップの使い方も、問題ない。姿勢を注意されるぐらいで、あとは指示通り最初から動けた。
もっとやってみたい。一人現場とポリッシャーは、まだやらされてないし心配だけど慣れだろうし。
私が仕事の緊張をいっさいしない?意欲がある?
前代未聞。


朝はげんき。長い通勤を楽しみ、激務を楽しむ。
だって、Sといっしょみたいで誇らしい。いつもいっしょにいるみたい。
待っててね。いますぐきれいにするから、気持ちよく使ってね。って。
私は、笑っている。うれしい。体はきついけど、なんでもない。


どういうこと?
つまりは、自分に合ってる、ってこと?


もちろん私の病気の関係上、午前中だけ。それ以上はとめられているし、ストレスで潰れれば元も子もない。
でも、やってみたいの。してみたいの。これでいい。これが。
こんなこと、・・・・・初めてだ。人生始まって以来。


障害だって、伏せて就いたけど、なくなったわけじゃない。すごく不安定。死のうとしたり、泣いたり笑ったり感動したり元気すぎたり、乱高下。夜はほとんど眠れない。眼が冴えてだめなのだ。そりゃ、30年にもわたる病気がいきなり治ったら、いいけど、薬は飲み続けなければならないし、通院はしなければならない。一生の病だと宣告されている。
今後は、分からない。何があるかは。困難もあるかもしれない。でも。いまは何も考えるな。


職場には、私同様短時間勤務の人も何人かいる。私は7時半から11時半だけど、3時間勤務の人とか。7.5時間であちこちの現場に行くフルタイムの人ももちろんいる。
あんな仕事を一日中?体壊れちゃうよ!
でも、みんな故障もないみたいで、てきぱきやってる。70前後の人もいる。62歳以降は半年契約ができる。長い時間できればやってもいいし、体の老いで動けなくなってきても勤務時間を短くは問題なく変更できる。


当然、時給はいい。帰り必要なものを買うのに百均に行ったが、募集の広告が張り出されていて、土日祝はもちろん好待遇だがそれでも千円ちょっと、平日昼間など900円台。
私はスーパーの勤務経験もあるが、当然時給はそんなもの。あんな大変な仕事ないよ。
でもそれより、お給料が高い!そりゃ、そうなんだろうけど。トイレ掃除なんてみんな嫌がるよね。何しろ便器の中、奥まで手を突っ込むのだ。毎日。でも、私はべつに平気だ。


トイレによって、ノズル掃除の方法が違ったりするのも覚えた。
さっき帰宅して、練習してみた。うまく行ったし、すごくきれいになった。わーうれしい。数か所あるトイレ掃除と流し掃除は毎日なので、練習練習。あと、背筋を伸ばさなきゃ。そうしないと腰をやられるそうだ。私は猫背気味。普段もきれいな正しい所作にするように心がけないと。そして正しくできるようになったら、早く体を動かせるようになればいい。姿勢にもよい効果。
掃除してる作業員が姿勢が悪かったり手際が下手だったりしたら、トイレやオフィスを使う人たちだっていい気分にはなれないもんね。


なんだかスポーツをやっているみたい。私の教育をしてくれているマネージャーの女性(もちろん現場で活躍中)は、気持ちのいい監督かコーチみたい。
滝のような汗。体が覚えていく楽しさ。無心のラクさ。ああ、頭を休ませて体を激しく使うって、いいことなんだ、と生まれて初めて思った。


電車や通勤路で、働きにゆく人々、帰る人々を見るようになって知ったこと。
ああ、みんなきっと、疲れてる。みんな。胸が痛い。S。みんなあなたなんだ。
なのに。あなたはいつもげんきに、優しく。
私、がんばるね。午前中だけしかできないけど、いいよね。
へばらないよう、最初からとばさないように。気をつけて。落ち着いて、ていねいに。
私だって。


「今日を大事に無事に笑顔だよ!」仕事前と仕事中は、いつものSの言葉。
「きれいになるためには、人をきれいにしてあげるのを忘れずにね」こないだ仕事なんか考えもしなかった時になぜか思いついた言葉。
仕事以外の帰りなんかは、私のモットー、
「のんきに優雅にげんきよく!」で、できればちょっとセクシーに。


自分の時間が充実し始めた。肉体労働のあとのビールはすっごく美味しいし。
家に着けば、もうごはんもそこそこに書き始める。
午後、私のもう一つの顔が、生まれて、私は夢中になる・・・・・


宮部みゆきの『本所深川ふしぎ草紙』の中、『置いてけ堀』という話がある。
強く優しい亭主を失った気弱な女が、事件が解決したあと、くだんの堀のほとりに立って、亭主にほほえんで話しかける。胸のうちで。

おまえさん。
あたしはもう、怖がったりしません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

まずはあなたに最大の感謝と敬意を。書くのが大好きなだけだから、自由に楽しんでくださればいいです。いつか飲みに行けたら、いいですね(^_-)-☆

ありがと♡ほかにも色々あるよ(^_-)-☆触ってみる?
10

南条 イオ

恋、書くこと、音楽三昧の新米清掃業パート。のんきに優雅にげんきよく。そして、今日を大事に無事に笑顔だよ!

ある精神障害者の奮闘記

躁鬱。障害2級、年金、無職、バツ2出戻り、アラフィフの50、80の親元。依存症に境界性人格障害。 でも、もう一人で自由に生きていきたい。夢もある。そうしなきゃ絶対後悔する。もう、あとどれくらい生きられる?世を人を自分の人生を呪って生きるのは、もういやだから。 障害を抱えて...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。