この素晴らしき世界

裏の遊歩道から、ひどい騒音がしていた。
外出しようと出ると、異様な臭気が鼻をついた。
私の愛する、植え込みの草むらが、電動刈り機で、根こそぎ刈られている音だったのだ。
私は、声を失った。
愛しているのに。愛しているのに。
その、におい。その、血の、におい。


ごめん。
ごめん。
許して。
許して。

この続きをみるには

この続き:2,462文字

この素晴らしき世界

南条 イオ

200円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがと♡ほかにも色々あるよ!触ってみる?
6

南条 イオ

恋、書くこと、音楽三昧の言葉屋。のんきに優雅にげんきよく。そして、今日を大事に無事に笑顔だよ!

ある精神障害者の奮闘記

躁鬱。障害2級、年金、無職、バツ2出戻り、アラフィフの50、80の親元。依存症に境界性人格障害。 でも、もう一人で自由に生きていきたい。夢もある。そうしなきゃ絶対後悔する。もう、あとどれくらい生きられる?世を人を自分の人生を呪って生きるのは、もういやだから。 障害を抱えて...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。