「残念なカープ球団」を語りました。

先日講師をつとめた野球文化大学の講座「広島東洋カープの研究」の模様が公開されました。

最新刊「ズムスタ、本日も満員御礼!」をテキストにカープ球団の抱える問題に忖度なく切れ込んでみた講座。
活字の本をベースにして展開したものですが、同じ内容が「語り」として組み直されるとまた別の説得力を持ちますね。

拙著をすでにお読みいただいている方には、ニヤニヤと苦笑されたり、膝ポンしながらご覧いただけるのではないでしょうか。

内容的には冒頭のチケット問題のみの公開ですが、ご興味を持たれた方にはぜひ拙著をお手にとっていただければと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

酔頓楼・堀 治喜の楼人日記

手作り野球場DREAMFIELD元管理人。現ホーリー農園オーナー兼物書き。主な著書に『わしらのフィールド・オブ・ドリームス』(メディアファクトリー)、『衣笠祥雄はなぜ監督になれないのか?』(文工舎)、『初優勝』(プレジデント社)など
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。