売れる絵は何か。イラストとファインアートから美術を視る。

今回は概念の部分から、売れる絵について考えてみました。
イラストとファインアートの優劣を決めつけたいわけではありません。どちらも良さがあると思います。
また、私個人は、素晴らしい絵=売れる絵
の式が必ず成り立つとは捉えておりません。

——————————

イラストと呼ばれるジャンルとファインアートと呼ばれるジャンル。それぞれの識別はどこなのか。そもそも、分けて良いものなのか。

様々な展示を行い、今の私が結論づける答えは、全てアートの枠組みであり、難易度の差による区別だ。

アートというものは自己追求(自己と向き合い高めていくこと。技術から思考まで幅広い捉え方ができる。)であり、自分のために生み出す行為そのものを指す。つまり、自分にとって美しいと思う絵を描く、可愛いと思う絵を描くことも、自己追求に当てはまるので、所謂今日のイラストと呼ばれるジャンルは『アート』の枠組みに当てはまる。
※対になる言葉として『デザイン』を上げておく。この場合の『デザイン』は、他者のことを考えて生み出す行為を指す。

だが一括りにアートといえど『単刀直入にわかりやすいもの』から『下調べをしていないとわからないもの』『作った人の背景や過去の作品を知らないと理解できないもの』など、様々な難易度がある。それは当然のことで、自己追求なのだから追求の仕方次第で中身が変わる。

この場合、ファインアートは後者を指す。
より深く自己を追求している人物が生み出す作品を、ファインアートと呼び、美術系の大学ではそこを目標とした指導をしているはずだ。

絵柄や素材は問わない。例え幼稚園児の描いた落書きに近いものでも、自己追求が深ければファインアートと言える。(むしろ簡略化された絵を描く人は、追求しすぎて180度考えが回っている人が多いのでは?追求すればするほど中身が増えるので、抽象表現かシンプルに視覚化せざるを得ない)

これらを踏まえ、購入されやすい絵はどのようなものか、考えてみよう。

少なくとも、意味や自己追求のない見ず知らずの人が描いた絵を、高いお金を払って買う人がそうそういないのはお分かりいただけるであろう。何故なら、イケアやニトリにあるような額に好きな写真や画像などを印刷して入れた方が、費用も安く、時間もかからず、満足度も高いからだ。

そして、人は共感や感動という体験を求める。どのようなエンターテイメントにおいても言えることだが、印象に残るもの、記憶に残るものほど良いと考えるからだ。
また、できることならば、その体験は希少価値のある方が魅力を増す。

つまり、売れる絵は『イラスト寄りのファインアート』と推測する。

イラストとファインアートを理解できる人の割合をほぼ同数と設定したとして、10人中10人か理解できるものが、一番低い難易度のイラスト。10人中1人のみ理解できるものが一番高い難易度のファインアートと定義する。
その場合、10人中4人程度が理解できるものが『イラスト寄りのファインアート』だ。

この絶妙な位置からファインアートに近付くと、作品が理解し辛くなるので共感や感動を抱く人数が減ってしまう。
ギャラリートークやアーティストトークを行うことが多いのはこの為だ。理解してもらえるように歩み寄らなければ、人の心を掴むことはできない。だとしても、ただ単に難しい話になってしまう場合か、上手く話せない場合が多い。

結果、「よく分からないけど素晴らしい絵」「すごすぎて私には縁がない世界」「難しい」という印象が閲覧者の半数に残ってしまうだろう。(勿論、購入に至るケースもあれば、これが悪いわけではない。が、今回の論点からはズレてしまうので、ここでは説明を差し控える。)

そこから導き出せることが一つ。
現在イラストを描いている人の方が、ファインアートを描いている人よりも、売れる絵に化けられる可能性が高いということだ。

理由は至って簡単。人にとって、難易度を下げることはつまらないからである。皆、つまらないものよりも、楽しいものが好きだ。
一度でもファインアートに近寄り、追求の楽しみを味わってしまうと、器用な人か、もしくは一周回らない限り、イラストとファインアートの間に戻ることは難しい。マイナスの概念を理解した中学生が「1-2=答え無し」とは書けないのと似ているかもしれない。デッサンが上手くできるようになった人が、デッサンの狂った絵を許せないのにも似ている。
知識はどうしても癖になるのだ。無意識に、より知っている方を、より正しいと思う方を、よりオイシイと思う方を、選んでしまう。

まとめると、購入意思につながる作品は『イラスト寄りのファインアート』であり、今後の日本の美術界の自己追求度合、つまりファインアートの幅を左右するのは、イラストを描き続けている若者の自己追求次第ではなかろうか。
人は理解すればある程度知識が培われるので、より難易度の高いものを目指すか、そこより下がることはなくなる。彼ら彼女らがどこまで追求するかが、美術界の行方を担っている気がしてならない。

#アート #美術 #絵画 #イラスト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

SUKI

コメント1件

はじめまして。なんだかとっても納得しました。描いている絵がどんどん難解になっていく現象の理由がわかった気がします。笑 フォローさせて頂きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。