木下斉さんの有料noteの作り方が参考になる→「月ごとの投稿をまとめてマガジン化」

名著「稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則」の著者である木下さんが、noteをうまく活用されていました。

手法としては、誰でもできるものなので、ぜひともマネしておきましょう。こうやって、うまいやり方のやり方を取り入れるのは大事です。「成功者に習え」は鉄則です。

1月、2月、、の投稿をまとめて有料マガジンに

やり方は、無料で公開した記事を月ごとに区切ってマガジン化してしまうというもの。

こんな感じで。

これは、無料公開されている記事の文末に書かれているもの。

実際、過去の投稿はこのように、途中で読めなくなっています。

(参照:電話は基本使わない 2016.4.9.

このやり方によって、課金もそうですが、「今読まないとヤバい」という気持ちを醸成することができます。

それによって、読み手のエンゲージメントも高まるはず。これは、スナップチャットのような消えてしまうコンテンツがもった性質ですね。

また、すでに公開したコンテンツをパッケージ化して販売するやり方は、テレビ番組のDVD化と同じですね。

「アメトーーク!」も過去の放送を2本くらいまとめたものを3000円くらいで売ってますよね。あれと、やり方は一緒です。

これは、コンテンツをうまくリサイクルした例と言えます。このように、期間限定公開と課金を組み合わせれば、過去のコンテンツも生きてきます。

ぜひ、マネしてみましょう。僕も、noteで書いている無料記事4月分を5月から販売しようと思いました。

この記事を書いた人の情報はこちら

ツイッター:https://twitter.com/TwinTKchan

フェイスブック:https://www.facebook.com/takuro.suzuki.18

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「SNSシェア、はてブ」をしてもらえると、とても嬉しいです!(それが励みになります) あと、記事下から「おすすめ」のクリックやプロフィールからTwitterのフォローもお願いします。

記事シェアやSNSでのフォロー、オススメのクリックもお願いします!
19

noteの売り方/使い方事例集(てんてんこクリップ)

noteで見かけたnoteの売り方/使い方事例と思う投稿を集めます。フォローすると、幅広い方の投稿を通知で知れますよ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。