毎月やります。才流に入って、約2ヶ月経った学びのシェアと振り返り!

こんにちは、金森です。

現在、BtoB企業のマーケティングを支援する才流に新卒で入って約2ヶ月が経ちました。あっという間です。というか、もう6月中旬なのも信じられません。

さて、4月の振り返りをすべく、下記のnoteを書いたら、思いの外たくさんの方が読んでくれました。

初回でハードルが上がってしまいましたが、、、。単発の企画では意味がないので毎月振り返り&学びのシェアnoteを書いていきます。諸事情により、今回もシェアできるのはあくまで学びの"一部"です。

本記事では、初心者がGoogleアナリティクスを使うようになって得た学び・新卒が学んだ仕事の進め方などを中心に書いていきます。

5月に自分が注力したこと

5月は、

・Googleアナリティクスを使ったアクセス解析

に、注力した月でした。

元々、アクセス解析の経験は全くもってありませんでしたが、結論としては6月2日にGAIQ(Google アナリティクス個人認定資格)を取得できました。

参考程度に、僕の学習方法を書いてみますが、極めてシンプルです。

(1)業務内でGoogleアナリティクスを使う
:Googleアナリティクスを使ってアクセス解析できるようになりたいです、と栗原さんにお願いし、その機会をもらうように。分からないことは才流のメンバーに聞ける。(とても贅沢な環境...。)
(2)Googleアナリティクスアカデミーの初級者向け・上級者向けコースを受講する
:Google公式の動画を中心とした学習サイト。小テストやデモ画面を見ながら学習できるのでおすすめ。
(3)「いちばんやさしい Googleアナリティクス 入門教室」という書籍を読む
:分厚めの書籍なので全部は読んでいない。業務にも使えるのでGAIQ合格後もお世話になっている。
(4)GAIQの過去問を解く
:過去問サイトをざっくり解いてみる。過去問が実際のGAIQのテストにそのまんま出てくることも。
(5)分からない言葉はGoogle(主にAIアナリスト)で調べる
AIアナリストブログは、とても分かりやすいので超おすすめ。

「Googleアナリティクスの管理画面は使い方が分からない...。」と悩んでいる方はとりあえず、Googleアナリティクスアカデミーの2コースを受講してみましょう。つべこべ言わず、公式発表のものを学習するのが何だかんだで一番手っ取り早いと思います。

*雑感*:GAIQはあくまでも暗記ゲームなので、実践的な力をつけるためには今後も実践を重ねることが何より重要です。

=======

ここからは、5月に得た学びをどんどんシェアしていきます。

Googleアナリティクス・困った時のプチ早見表

※注:以下では、Googleアナリティクスを多少使った経験のある方でないと、イメージがつかない用語がたくさん出てきます。また、アップデートによりGoogleアナリティクス側の用語が変わる可能性もありますので了承ください。

(1)どのコンテンツがどれくらい読まれているのか?

・開くレポート:行動>サイトコンテンツ>すべてのページ

Googleアナリティクスを見るまでは「サイトのトップページが最も閲覧されている」と思っていましたが、案外(?)そうでもないです。ブログやオウンドメディアを運営していると、人気ブログがトラフィックを最も集めていることもあります。

下記ツイートで言及されている通り、コンテンツが先に読まれて後にサービスを知るというのは、実際あるようです。

(2)ディレクトリごとに、どこがどれくらい読まれているのか?

・開くレポート:行動>サイトコンテンツ>ディレクトリ

サイトの各ディレクトリ(ex.導入事例ページ、お知らせページ、料金ページ)の流入数などが分かります。

◎活用例
例えばセグメント機能を使って、目標(ex.トライアル登録、資料請求)に到達したユーザーだけを絞り込むと、下記のようなことが判断できます。

例.)
・お知らせページを閲覧したユーザーが資料請求やトライアル登録することはない
→グローバルナビからお知らせページへの導線を消去する。
・料金ページを閲覧したユーザーの数%がトライアル登録している
→料金ページ内に、トライアル登録への導線を強める

(3)どうやって目標設定(コンバージョンの測定)するの?

・開くレポート:管理>ビュー>目標

目標設定を行うと、以下のことが分かります。

・目標を達成したセッション数=コンバージョン数(CV数)
・目標を達成した割合=コンバージョンレート(CVR)

詳しくはAIアナリストブログに書いてあるので、気になる方はご覧ください。

(4)ユーザーはどのページからサイトに流入しているの?

・開くレポート:行動>サイトコンテンツ>ランディングページ

ランディングページを見る際に一番大事な指標は、直帰率(とCV率)です。セッション数が多いのに、直帰率が高いページは優先的に改善しましょう。(参考記事

◎具体的な改善施策の例

・直帰率改善:本文下部や本文中にリンクやボタンを追加
・直帰率改善:ページが長すぎるなら短くする

など、ユーザーにサイト内で次の行動を取ってもらうように促すと良いです。また、CVを獲得しやすい他ページへ送り込むのもおすすめです。

*追記*
「換気扇 掃除」といった、お悩み解決系の記事コンテンツの場合、良質な記事ほど直帰率は高くなります。というのも、その記事コンテンツによって問題解決方法が分かったからです。そのため、どんな場合においても「直帰率が高い="悪"」という訳ではありません。

(5)たまに見かける「ノーリファラー」って何なの??参照記事

Googleアナリティクスのレポート画面でたまに見かける「direct / none」という項目。これはノーリファラーと呼ばれ、「参照元なし」という意味です。つまり、ユーザーがどの経路でWebサイトに流入してきたかをGoogleアナリティクスが計測できなかったことを指します。

・ブックマーク(お気に入り)からの訪問
・ブラウザのアドレスバーに直接URLを入力しての訪問
・メールマガジンからのアクセス
・スマートフォンアプリからの訪問
・QRコードの読み取りからのアクセス
・セキュリティソフトや個別設定で、参照元を送信しない設定にしている場合

より具体的に言うと、社内で「おすすめだから、この記事読んでおいて!」とSlackやChatworkで記事が回ってくるとき。これをSlackアプリで見ると、Googleアナリティクスの計測上ではノーリファラーになります。

(6)毎日Googleアナリティクスの管理画面を見に行って、データを収集するのは面倒なんだけど?

・Googleスプレッドシートのアドオンを使えばGAデータを自動で取得できる!

Googleスプレッドシートを利用すれば、Googleアナリティクスの特定データを自動で取得してくれます。詳しくはこちらをご覧ください。

=======

ここからは、Googleアナリティクス以外の学びも述べていきます。

Web会議やMTGの時に使える学び

BtoB企業のマーケティング支援を行う才流では、外部の方とお話する機会が多いです。外部の方とミーティングをするシーンを例に、どんな感じで話を進めていけば良いのか、フィードバックをもとにまとめてみました。(仕事に慣れた社会人の方にしてみれば、「当たり前じゃん」って思うはず)

大きく分けると、3つの構成です。

・前提の確認
・詳細
・結論/ネクストアクション(次やること)

まとめてしまえば、かなり当たり前のことです。(慣れてないと、テンパって難しい)

具体的なシーン:外部の方とのMTGを例に

(1)前提の確認(全体像の確認)

・初回挨拶:自社の説明、支援先の説明など前提共有で必要になる情報を共有
・MTG内で話したいこと、相談したいことの全体像を共有

(2)議論タイム(イメージは、風呂敷を広げるタイム)

・進め方のすりあわせ
・相手へのヒアリング
・スケジュール
・予算や費用感
・懸念点確認
など

(3)締め&ネクストアクション(広げた風呂敷を畳むイメージ)

・議論して決めた決定事項
・ネクストアクション(次やること)の共有

まとめると、「全体から部分へ行く」イメージです。何よりもまずは、実践して慣れるしかないですね。

====

提案書作成や記事作成に使える学び

・「1スライド、1メッセージ」、「1つの記事に、1つのなるほどポイント」

資料作りでよく言われる「1スライド、1メッセージ」

これは記事を書くときにも使える考え方らしいです。読者にとって価値ある情報をいくつも盛り込んだボリューミーな記事よりは、たとえ長文でも一つのテーマに絞ってあるほうが読者にとって読みやすいというもの。1つの記事に、1つのなるほどポイントという考え方です。

実業務で言えば、例えば取材を行うと面白いポイントをいくつも聞くことができ、ついつい「全ての情報を盛り込もう」としがちです。ただ、そこであえて情報の取捨選択や話の流れなどを書き手側が調整することで、読者にとって読みやすく面白くすることができます。

※注:ちなみに、このnoteこそ、いろんな情報を詰め込もうとしている典型例だと思います...。これでも、5月に得た学びを可能な限り、取捨選択しているつもりです...。

新社会人になってから、やって良かったこと

・LINE Payの利用開始

LINE Payはマジめちゃ良いので、ぜひオススメです。他の「なんちゃらPay」は使ったことはありませんでしたが、LINE Payにしてからは圧倒的にお買い物が楽になりました。特に、ファミリーマートかLAWSONをよく使う人には断然おすすめ!ぶっちゃけ登録が面倒ですが、使わない手はないと思います!

・WiFiをギガ放題に!グロービス学び放題もスマホで見れるように!

もとからWiMaxを利用していて、毎月7GBまでのプランを契約だったのですが毎月プラス500円程度でギガ放題(3日で10GBの利用制限)に変更しました。今まで通信制限に悩まされていたので、もっと早く変更しておけば良かったです。

通信制限を気にする必要がなくなったおかげで、ビジネスを学べる動画サービス「グロービス学び放題」も利用開始しました。

マーケティングカテゴリーがBtoCばかりなのはさておき、ファイナンスや財務など自分の専門外知識を学ぶことができるのはとても良いです。半年プランで月間1650円くらいなので全然ペイします。知識への投資はあとで投資回収できます。

5月に読んで面白かった本

(1)苦しかったときの話をしようか

ざっくり言えば、「親子愛」×「キャリア戦略」の本。後輩の就活生には片っ端からおすすめしています。

(2)成約のコード

BtoBマーケターにオススメです。ノウハウをたくさん紹介してくれます。

(3)裸でも生きる

発展途上国発のブランドをつくる「マザーハウス」の起業家である山口絵理子さんのエッセイ。普段エッセイは読まないほうですが、これは読んでよかったな、と思いました。感動しました。

======

複業がやりたい

急ぎではないですが、いずれ複業/副業に挑戦したいと考えています。

目的は色々ありますが、一番はこれです。

・本業以外の業務を経験することで視野を広げ、本業に活かすため

スキル的に貢献できそうなことはBtoBマーケティング周りですが、個人的にはBtoCマーケティング業務にも関わることができたら嬉しいです。興味を持って頂けたら、一度ご相談いただけると幸いです。

簡単なポートフォリオも作っています。

もし少しでも自分に興味を持って頂けた方は、Twitter DMあるいはFacebookまでご連絡いただけると幸いです。

<おまけ>

「まさに...!」と思えた、激しく広げていきたい栗原さんのおすすめツイートを紹介します。noteの仕様上、連続のツイートも一番初めのツイートしか表示されません。興味ある人はTwitterのリンク先に遷移してみてください。BtoBマーケターは必見だと思います。

広げていきたいと思ったポイント:ファネルの上部にアプローチする意味

広げていきたいと思ったポイント:本当にあるあるだと思います...。

・広げていきたいと思ったポイント:BtoBサイトのポイントが簡潔に明示されています。

初インタビューも!

ありがたいことに、「なんで新卒で才流に入ることができたの?」といろんな方から質問をいただきます。学生時代の話から才流に入った経緯についてなど語ったインタビューとなります。もしよろしければご覧ください!

若手BtoB会」第2回を開催

僕が趣味で行っているオフラインイベントです。6/16日に、ITプロパートナーズさんのオフィスをお借りして、イベントを行います。

メインテーマは、グローバルのBtoB企業です。

・共催者の張田谷(@harryharry1128)が深センに行って学んできたことをレポートします
・金森はHubSpotのマーケ分析をした上で、コンテンツマーケの話をします

第2回は15名の方が参加予定です。

第2回についてはほぼ満席ですが、興味のある方はグループだけでもフォローしてくれると嬉しいです。気持ち的には、7月終わり頃に第3回も開催予定です。

いつもながら長文になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!!

(画像借用:いらすとや)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂きまして誠にありがとうございます。 TwitterなどSNSでシェアをして頂けるのが最も嬉しいです!

好きなサービスはPinterest!
13

金森悠介

BtoBマーケティング

BtoBマーケティングにまつわるnoteマガジン。BtoBマーケター1年目の成長記録でもある。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。