【10選】業界特化型SaaSをゴリっと紹介!(1万字超え)

こんにちは!

今日は「今週の気になるWebサービス#1」の中でも触れていた「業界特化型のSaaS」について深掘りして見ていこうと思います。

SaaSの基本から見ていくこともあり、文量が1万字超えととても多いため、業界特化型SaaSの事例紹介だけが気になると言う方はそちら以降をご覧くださいませ

◆ 今回のnote概要
SaaSとは
水平展開型SaaSとは?
業界特化型SaaSとは?
・業界特化型SaaSの特徴とは?

業界特化型SaaSの事例紹介
 1:ANDPAD(株式会社オクト)
 2:助太刀(株式会社助太刀)
 3:PHARSAS(株式会社ファーマクラウド)
 4:ABEJA Insight for Retail(株式会社ABEJA)
 5:カイポケ(株式会社エス・エム・エス)
 6:hokan(株式会社hokan)
 7:KAMINASHI(ユリシーズ株式会社)
 8:ジニー(株式会社DentaLight)
   9:Musubi(株式会社カケハシ)
 10:ホテル番付(株式会社空)

----------------------------------------------

◆SaaSとは?

それではまず、「SaaSとは何なのか」について軽く紹介していこうと思います。

「SaaSの説明なんてイチイチ要らないよ!」と言う方は読み飛ばしてもらって構いません。

SaaSに関してBoxilというWEBメディアがとても良いまとめをしてくれているので引用させていただきます。

上の図を見てわかる通り、SaaS(Software as a Service)とはクラウドというインターネット経由で利用するサービスの一つの形態になります。

具体名を挙げると、SalesforceSmartHRと言ったサービスがSaaSの一種になります。

※クラウドとは:ユーザーがインフラやソフトウェアを持たなくても、インターネットを通じて、サービスを必要な時に必要な分だけ利用する考え方およびサービスの総称  (引用元:GMOクラウド *一部改訂)

これらの名前にピンと来ない方でも、GmailOutlookと言うメールサービスを比較してみると分かると思います。

かつて、メールを利用する場合、何かしらのソフトをインストールする必要がありました。その一種に、マイクロソフトが提供しているOutlookがあります。(※現在では、Outlookもブラウザ経由でメールサービスを利用することが可能です。)

一方で、Gmailを利用するときはGoogle Chromeなどのブラウザで「Gmail」と検索してから利用していますよね。
つまり、Gmailではパソコンに何かしらのソフトをインストールする必要などなく、ブラウザを通じてメールサービスを利用することができるのです。これがクラウドサービスの威力です。

もっと分かりやすく言うと例えば、友達の端末(PCやスマートフォン)からでもIDとパスワードさえ分かればログインしてサービスを利用することが可能になるんです。

ここまでで、軽い説明とはなってしまいましたがSaaSの説明は以上とさせて頂きます。
noteの最後の方に参考文献をまとめておいたので詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

-------------------------------------------

次から本題の業界特化型SaaSについて紹介したい...!

ところなんですが、、、

その対となる水平展開型SaaSについても軽く紹介していこうと思います。

◆水平展開型SaaSとは?

またもや、Boxilが良いカオスマップを作ってくれていたので参照します。

こう見ると、ありえないくらい大量にありますよね。

水平展開型SaaSに関して今回押さえておいてもらいたいことが一つだけあります。

それは、水平展開型SaaS大方どこの企業でも必要な業務に注力したサービスになります。

例えばGoogle Driveなどのクラウドストレージサービスを利用しているIT企業があったとします。
なぜGoogle Driveを利用しているかと言うと、文書などのファイルを管理するためです。
この業務、つまり文書管理と言う作業は大抵どこの企業でも必要ですよね。IT企業だから使っていると言う訳では決してなく、出版社や建設系の企業が使っていても全くおかしくありません。

一旦ここまでをまとめると、水平展開型SaaSが対象としているものはこういったものになります。

◆水平展開型SaaS
・提供対象企業
:大小問わず、企業であれば一定のニーズあり
・提供対象業務特定の"業務"に特化している。Saleforceなどの大規模SaaS企業であれば、いろんな業務に特化したサービスを提供している
・市場規模:拡大傾向(下記の画像参照)
・市場参入企業:上記画像の通り多数

上記がグローバルで見たSaaS市場の予測図になります。
一方、日本に関してはTech chrunch Japanは以下のように報道しています。

【SaaS市場は年平均成長率10%のスピードで成長】
本レポート(Boxilのレポート)によれば、クラウドサービスの普及率は毎年増加しており、2015年末には40%を超える企業がクラウドサービスを利用しているという。なかでも、SaaS市場は年平均成長率10%を超える勢いで成長。2015年はおよそ1兆円だった市場規模が、2020年には1.3兆円になる見通しだ。

下記の画像も面白いので要チェックです。


個人的には、今後伸びるクラウド市場は「働き方改革」という文脈で業務を自動化する「RPA」にあると思っています。
なぜなら、現時点でクラウドRPAツールは主流ではないからです。

現時点では他にあまりないクラウドRPAサービス(RPA SaaS)の中で注目しているものにBizteX cobitというものがあります。

こちらのサービスはブラウザベースのRPAツールなので現在基幹システムに対応してないですが2018年には対応予定だそう。
ちなみに、つい先日開催されたHR Tech GP 2018にもファイナリストとして出ているそうですね。


freeeやマネーフォワードがオンプレミスの会計ツール市場(弥生会計や勘定奉行、TKCなど)を崩していったように、クラウドRPAサービスがきっとどんどん増えていくんでしょうね。今後も注目です。

---------------------------------------

続きまして、業界特化型SaaSについて紹介していきます。

◆業界特化型SaaSとは?

業界特化型SaaSは、水平展開型SaaSに比べて知名度が低いです。

業界特化型SaaSをカンタンに説明すると以下のようになります。

◆業界特化型SaaS
・提供対象企業:特定の"業界"に特化している。今までテクノロジーが入ってきていなかった業界にゴリっと切り込んだSaaSが今注目されつつある。
・提供対象業務:特定の"業界"に関わることであれば、専門的な業務含めてテクノロジーを利用して業界特有の課題を解く。つまり、対象業界は狭いが、対象業務は深く広い。ターゲットユーザーの同質性は高い。
・市場規模:拡大傾向(下記の画像参照)
市場参入企業:下記画像の通り多数

--------------------------------------

【追記】記事コンテンツ制作、やります!

◆業界特化型SaaSの特徴3つ

この続きをみるには

この続き:9,262文字/画像11枚

【10選】業界特化型SaaSをゴリっと紹介!(1万字超え)

金森悠介

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂きまして誠にありがとうございます。 TwitterなどSNSでシェアをして頂けるのが最も嬉しいです!

好きなサービスはPinterest!
57

金森悠介

新卒BtoBマーケター。主にSaaSやマーケティング、企業分析系の記事を書きます!趣味で、音楽キュレーション系TikToker:https://bit.ly/2GPAtYb / 早稲田19卒 / 若手BtoB会主催:https://btob-youth.peatix.com/

ビジネス

様々なビジネス関連のnoteを企画・作成したり、素敵なクリエイターさんが作成したnoteを入れています。個人的にはSaaSが好きです。
4つ のマガジンに含まれています

コメント2件

始めまして、Zenport代表の加世田と申します。今回は私のブログ記事を参考文献としてあげてくださり誠にありがとうございます!

ちなみにもし可能であれば、私どものサービスも11番目としてリストに入れていただけると嬉しいです笑
初めまして!早稲田大学の金森と申します!コメントありがとうございます!加世田さんのブログ、とても学びが多く皆さんにも読んでいただきたいと思い参考文献にあげさせていただきました!かしこまりました。ブロックチェーンを活用されているんですね!興味あるんで後日しっかりリサーチしてから更新あるいは第二弾と言う形で対応させていただきますね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。