Vol. 2 - 秘氏咖啡

 新年快樂!旧正月まっただ中ですが、本日は「隠れ家喫茶店」という言葉が実にしっくりくる台南のカフェをご紹介したいと思います。


路地裏を進めば、そこにはカフェが…

観光客で賑わう正興街から北に向かうと永樂市場という市場があります。

台湾ではよくある露店が立ち並ぶ市場。

臭豆腐の匂いとスモッグ、辺り一面から鳴り響く中国語とエンジン音。
海外旅行に慣れてないとここはまさに異世界そのもの。

スマホ片手に必死にお目当てのカフェを探すのですが…

なかなか見つからない。。

市場を行ったり来たりして、よ〜く目を凝らしてみると
ようやくそれらしき場所を発見。

でも、そこはどうみても物置き…。
とてもこんなところにカフェがあるように思えない…。

心を決めて物置きをずんずん進んでいくと光が指す階段が…!

そして、壁には今回のカフェ『秘氏咖啡』の文字…!


隠れ家カフェ『秘氏咖啡』

ひっそりした佇まいで、昔ながらの風情を醸し出す店構え。

レトロな雰囲気漂う店内には先客の若いカップルと初老のご夫妻がいらっしゃいました。

英語が堪能なご夫妻にお聞きしながらマスターおすすめのアメリカンコーヒーとクリームブリュレを注文しました。

こちらのカフェのコーヒーメニューはブラックコーヒーのみなのですが、
コーヒー豆を選べるので、コーヒーの味の違いを楽しむことができます。

*中国語表記でかつマスターも中国語対応なので、スマホ等でお好みを伝えると注文がスムーズです。

目の前でマスターが手際よくコーヒーを淹れるのを横目に
無邪気にお客さんと戯れ合う飼い猫にどこからともなく、
自然な笑い声と会話が生まれていました。


コーヒーの芳醇な香りと時が止まったような空間

時間をかけてハンドドリップされたコーヒーはクリアでクセのない本格派。

クリームブリュレも程よい甘さでコーヒーに実によく合うんです…!


目の前でドリップしてくれるのでコーヒー好きにはたまらないし
コーヒーの味も雰囲気も文句なしのカフェです。

大都会のお洒落カフェや広い空間のカフェもいいですが、
喧騒から解放された空間、コーヒー好きが集まる空間で時間を過ごすのも
風情があって素敵な旅の楽しみ方だなと思います。

「台湾の京都」と例えられる台南では、個性溢れるカフェが集まっています。
ネットで探せばたくさんレビューが出てくるので、興味があれば一度調べて
足を運ぶのをオススメします。

チェーン店やローカルグルメだけでなく、現地の人も集まるカフェでゆっくりくつろぎながらその土地のことを聞いたり周りを観察するのも素敵ですよ。

ーーーーーーーーーー
秘氏咖啡
Address: 700 台湾 Tainan City, West Central District, 國華街三段123-160號(永樂市場 二樓)
Open: Mon- Tue/Thu - Sun (2:00 PM - 10:00 PM) *Thu ( - 6:00 PM)
Web: https://www.facebook.com/cafechamber.tainan/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

Sumiya Ushiro

それでも、僕はカフェに行く。

旅先でのカフェ巡りログ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。