【就活が始まったということで】もし学生に戻れるなら、社会人にどういう質問をしますか?

3月1日付で、大学生の就職活動がいわゆる"解禁"になりましたね。
僕は2016年新卒の人間なので、こういう就活は3年前に経験しました。

社会人として働いた2年間を振り返って、「なんか思ってたのと違う」ということが少なからずありました。

そういう想いをした人は多くいると思います。

そこで、どうすれば「なんか思ってたのと違う」と感じなくて済んだのか?
それを考えるために、"質問"にフォーカスして

もし学生に戻れるなら、
社会人にどういう質問をしますか?

という題で書いていきます。

学生の人にとって少しでも参考になればいいなと思います。

社会人の人も、ウンウンと頷いてくれれば幸いです。

*****

就活の流れはこんな感じでしょうか。

専攻などによって違いはあると思いますが、大きく外れていないはずです。

今回は、STEP2について書いていきます。

ここでは、STEP1で生まれた疑問について、またSTEP3以降にやるべきことについて社会人に直接質問できるまたとない機会です。

実際社会人として働いてみると、学生時代には絶対見えなかったことも見えてきます。それは学生同士の情報交換では限界があります。

今回は、その質問にフォーカスするわけですが、先日こういうツイートをしてみました。

そこで、今回のテーマは「学生が持っておくとよい視点」です。

*****

【仮定】

状況を限定するために、行きたい会社をある程度絞り込んだ状態を仮定します。

そこで、「この会社でこういう仕事ができるのかな?」「どんな働き方になるのかな?」という質問をすることにします。

【本題】

自分のやりたいことができそうな会社、部を見つけたとして、僕が学生のときはこういう質問をしていました。

・○○なことをやりたいんですが、それは御社ではできますか?

・御社は残業はどのくらいあるんですか?

・給料はいくらくらい貰えるんですか?

など。

今振り返ると、浅い質問しかしてなかったなーと笑

確かに、学生として欲しい情報はこんな感じですが、これがクリアになったところでパフォーマンスが発揮できるかはまた別問題です。

そして、上の3つの質問は正直言って会社に入ってからもクリアになりません。

なので、質問をもっと深掘りする必要があります。

社会人の視点からだと、こういうことを聞くと思います。

それぞれのトピックに対して色分けして深掘りしてみました。

質問は一例であり、考えればまだまだ出てくると思います。

要は、HPや説明会の情報に対して、その一つ一つを構成している情報を全て紐解くといった感じです。


なぜこういう質問をすべきかというと、

視点を"会社"ではなく、その中の"組織"にまで向けてほしいからです。

会社の一員になるだけでなく、どこかの部署の一員になるということです。

「環境で人は変わる」という言葉がありますが、この言葉はいくら歳を取ってもどこに行っても当てはまります。

つまり、会社ではなく環境を選んでほしいのです。

だから、「会社がどうにかいい方向に運んでくれるだろう」ではなく「自分はこういう環境にいたい」と自らの意思で選んでほしいのです。

*****

少しは参考になったでしょうか?

僕自身、就活をめちゃくちゃ適当にした人間なので、まあまあ後悔しています。

就活不要論もありますが、就活をやるならやるで妥協なく取り組んでほしいです。

そして、輝かしい社会人生活を送れるよう祈っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!めっちゃうれしいです!

1mmでも前に進む

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。