今日のパレット

25
ノート

ああいいなあと思えている段階

絵を描いてきて、一番悩ましいのが「途中経過が一番良かった」と後で言われること。

途中経過はあくまでも途中経過だったんだけどなと思いつつ、実は本人も、たしかにあの段階の画面の見え方は良かった、と思うこともあります。

絵の見え方が一番良い状態の時に、筆の置き時を定められるのが理想なのだけれど、本来はだんだん良くしていけて終了であるべきなのだろう。

今、美大の授業課題で描いているものが、制作3日目

もっとみる

【最終日のパレット】

美大入学から早1ヶ月。
必修科目の絵画の、最初の課題制作(裸婦)が最終日を迎え、昨日は夕方、皆で今日の講評会のセッティングをして帰ってきました。
その、制作最終日のパレット。

毎週、月曜〜土曜の午前中まるまると必修科目の時間で描き続けて約1ヶ月。
前半はひたすらクロッキーと木炭デッサン、後半は油彩での本画制作でした。

モデルさんは長期間お疲れ様でした。ありがとうございました。

最近、

もっとみる

【今日のパレット 20160708】

ここのところ停滞している油彩画。
今は、好きな花のひとつ、ユリばかり描いています。

F6号を2枚並行していますが、2枚目の方が先に目処が立ちました。

「ひらく刻(とき)」 2016年 油彩/キャンバス F6号

ゆっくり乾燥させて、ニスがけはしばらく経ってから。

時間が経つと色々見えてくるので加筆するかもしれませんが。。。

今日のパレット。

今日は油彩は店じまいです。

今日のパレット 20160706

何かを乗り越えようとするとき、乗り越え方をどうするとか、乗り越えた先の姿はどうなるとか、考えていてもどうにもならない時もあるのだろうか。

目先のことしかやらない

と、非難がましく言われることはあるけれど、実は

目先のことをまずやり切る

ってすごく大変なのかもしれない。

取り敢えず何をすればいいんでしょう。

今日のパレット

少しずつ。。。

そろそろ取り掛からねばならないキャンバスはま

もっとみる

今日のパレット20160702

だいぶ描き散らかしてきました。

つぼみのユリの絵を少し乾燥させる間、次のもう1枚。今度は開花したユリ。
同じくF6号(一部分)です。

最近、油彩画のタッチを変えようというか安定させようと思って描いていますが、なかなか安定してきません。

あと少し、粘ります。

今日のパレット20160630

だいぶ前から少しずつ描いているのですが、一向に仕上がらないキャンバスがあります。

ユリのつぼみだけの絵です。F6号(一部分)。

実物はとうに花開いて散ってしまったので、写真や記憶をもとに描き続けています。つぼみだけの頃の姿が本当に美しかったのですが、あの感じに手が届かない。

このユリは特に出品の決まった展覧会があるわけではないので、もう少し粘りたいです。

そうこうしているう

もっとみる

今日のパレット20160607

現在、鉛筆画の個展中です。

しばらく鉛筆画ばかり描いていたので、油彩は久しぶりに筆を握ったような気がします。1ヶ月くらい握ってなかったかな?

今日のパレット。

花を愛でるのが好きです。

花の美しさが心を癒してくれるからでは決してなく、

花は誰が乞うことなくても、命あるゆえに、季節が廻れば芽吹き、花を咲かせ、結実する。

ただひたすら枯れるまで、季節を繰り返す営みに憧れ

もっとみる

今日のパレット 20160220

以前、

「絵具箱の中にある色を見れば、その人が描く絵の雰囲気はだいたいわかる」

と仰った方がいらっしゃいました。

つまり、キミの絵はなっとらん、ということだったのですが。

それはさておき。

あれから少し、使う色は変わりましたが、例えばパレットだけでも絵の感じはわかるものなのでしょうか。パレットの上は、使っている色だけでなく、混色の具合まであからさまですもの。

1

もっとみる