#2【悲報】就活おわらん/内々定3社出たのに就活を続ける理由。

6月中には終わらせるはずだった就活。
なぜこんなことに、、、

「どこででも通用するようなエンジニアになる」

これが目標。

そのためには
まずプログラミングの基礎を学んで
SEになって要件定義などの上流から
運用などの下流まで
「オールマイティー☆デキるキャリアウーマン」
になる必要がある。(っておとなのひとがいってた)

企業選びの基準として

・研修制度が整っている。(文系出身なのでプログラミング勉強期間が十分にあるところ。)
・上流から下流までのキャリアパスがある。
・ソフトウェアの自社開発を行っている。

主にこれらを意識しながら
進めていた

つもりだった😅

内々定をいただいたのは
ユーザー系IT企業。
主に金融系のシステム開発をするところ。

基本的に親会社のいうことを
そのまま反映させることが
最も素晴らしいと評価される世界。

主体的に提案しながら進めるというよりかは
設計書通りにミスなくこなすことが求められる。

しくった~😅😅😅😅
そんなはずじゃなかった~😅😅😅

受動的なことだけやってきた人は転職の時不利なんだって。

たしかに
・研修制度が整っている。
ここはクリア。プログラミング研修が2年間もあるらしい。

・上流から下流までのキャリアパスがある。あるらしい。

・ソフトウェアの自社開発を行っている。

はて┐(^-^;)┌

完全に見落としてた。おそらく主に下請けだと思う。

それと、金融のシステムはとっても特殊で転職するとなると同じ業界でしかできないらしい。

しかも、銀行って数が限られるから苦労するんだと、、

訳あって、全国各地で仕事ができるように自分のスキルを付けていきたいんだけど

これじゃあリスクがありすぎるよなあ。

勤務地も県内だけやし。


<反省点>

第二の就活を気持ちよくスタートするために、反省点をまとめておこうと思う。

・企業選びの軸を見失ってた。

・自分の状況に合った会社を判断できていなかった。

・なんでも「=」で結び付けすぎた。

完全に知識不足だった。もっと早く知っときゃあ、、!!くやしい

「ここの企業はプログラミングの研修めっちゃあるし、スキルも身に着くやろ」みたいな感じで、

本当のしくみを理解できてなかったから、間違った認識のまま進んできてしまったのよ、、

「スキル」っていっても色々あって、プログラミングのスキルとか、主体的にプロジェクトを進めていけるコミュニケーション能力とか

それも、どの程度こなせば業界で通用するのかとか

業界研究は割としてきたほうだと思うけど、理解するには全然足りなかった。

「知らない」ことの情けなさよ、、


<改善策>

・製造・物流系のソフトウェア開発事業を展開している。

・できるだけ全国各地で働ける。

・上流から下流までキャリアパスがある。

・ 直受けを多く手がけるところ。

これらを意識して企業選択していくぞ!


ブログ慣れてないので最後駆け足し(テキトー)になっちゃったけど、がんばったので終わります。

もっと上手く書けるようになるんだ!

あとYouTuberになりたい!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

ひよこ

今日のめあて「コメントをもらえるようなブログを書こう。」就活を経験したわけだが、自己分析する中で自分一人で成し遂げたことの無さに愕然。なにか始めようとブログで発信し始めた。日々の生活から、就活、人生において、考えたことをとにかく書いてくさんになる。バンドとYouTubeが好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。