アメリカで映画を見る「Baby Driver」

 予告を観たとき、主人公の男の子がかわいかったので、見ることにした。ウィキのプロットを翻訳して読んでから行ったのだけど、文章がやたら長くて意味がわからないところもあり。

 あらすじ(間違ってるかも) 子供のころ交通事故にあって両親を亡くしたベイビー(ニックネーム)は事故以来続く耳鳴りのせいでいつも音楽を聞いている。運転が天才的にうまいため、ギャングの逃走ドライバーの仕事をしている。ウェイトレスのデボラと出会って、カタギになろうとしたんだけど、トラブルがあって、逃げ切ることができず、警察につかまり、収監される。でもガールフレンドは待っててくれる、というほのめかしで終わる。

 感想 主人公のガールフレンドがかわいかった。なんでこんなにかわいいのかと思ったら実写版「シンデレラ」のシンデレラ役の子(リリー ジェームス)だったんだね! 輝いていたもん! ウェイトレスのユニフォームにちょいごつレースアップブーツがすごくかわいかった。

 主人公のふたりはすごくかわいくて、よかった。ベイビーはいつもヘッドフォンしてるからほかの仲間に「お前わかってんのか?」と怪しまれるけど、手順をだだだ〜っと説明するところがややくすぐり。

 ガールフレンドとコインランドリーではしゃぐところ、背景で回るカラフルな洗濯物の絵がよかった。

 悪い仲間(おっさん)といっしょにクイーンをきくところもちょっとくすぐられた。このおっさんの彼女(セクシー美女)は結構ぶっぱなすのでかっこよかった。

 ベイビーがいつも聞いてるのは自分でミックスした音楽。古い機器を使っていたので、こういうのが好きな人はツボかも。テープとかもでてくるが、今の日本の若者はカセットテープを観てもキョトン?かも。アメリカ人はどうかな〜。

 あと養父(啞)と住んでいるアパートの古臭いインテリアがビミョーにかわいかった。地味だけどいろいろ!入り込んでて、家でビデオで観てるんだったら一時停止だ。

 ギャングはケビンスペイシーが親玉なんだけど、最後のほうで殺される。

 そもそも強盗するのって儲かるの?という疑問。銃器とかを購入するのだってすごくめんどくさそう。強盗する人間も頭悪いと成功しないし、リサーチとかもめんどくさそう〜。仲間に殺されて終わりかもしれないし。

 途中仲間割れもある。このへんの理由がわからない。みんなで銃の取引にいくんだけど、そこでだまされそうになって(?)相手側を殺してしまう。

 最後まで観たけど〜。もう説明も面倒。あらら。

 振り返ってみると、オープニング、ベイビーが音楽を演奏する真似をしながらコーヒーを買いに行くんだけど、このあたりだけはのんきで陽気な男の子って感じで、ほかの場面の彼となんだか別人みたい。この後はずーっと暗い男の子だから。

 結論 いまいちだった。残念!

 

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22

サンフランシスコ講和条約

BL好きの腐おばさんです。ペットのような安穏な生活を送っています。三度のごはんとおやつが楽しみ。

コメント1件

コメントありがとうございます!感激です。どちらも面白そうですね。昔の映画は現代のものよりもバイオレンス描写がキツイですね〜。日頃は去勢されたような映画ばかり見ているので結構ビビりました。^_^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。