Linoメンバー募集について

現在、シェアプレイスLinoはメンバーを募集しています。
今から募集への思いを書きます。

Lino(ライノ)とは?

Linoは、デザイナーが作ったシェアプレイスです。
飯田橋〜神楽坂近くに位置し、現在フリーランス3人で利用してます。

味のあるビルの一室をDIYしてオフィスにしました。
2018年の春より稼働しています。

Linoとは「Line of〜」の略語なんですが
ネーミングの由来なんかはnoteに書いているので興味あれば読んでください。

・ネーミングに込めた思いhttps://note.mu/sunaiyuhei/n/n47e455d78714・Linoロゴの仕組み/ 膨張するロゴマークhttps://note.mu/sunaiyuhei/n/n61bbe58ae534

仕事以外の余白をつくる

当初から仕事だけに場の用途を限定したくなかったので、水曜のみなどのイベントなどをできる作りにしました。
自分たちの「やりたい」という余白を付加することが場作りの肝かなと思ってます。
内外の人たちと交流をしたり、デザインの研究をしたり、仕事以外の余白を生み出せるようなしかけをオフィスに加えました。
カウンターもその設えのひとつです。
商談をしたり、作業台にしたり、昼飯食べたり、水曜のみイベントをしたり、色んな用途で使えるカウンターです。
そういった視点から床に木板を敷いたり家具を選びました。
『居心地いいですね』とよく言われるので雰囲気づくりには成功しているようです。

隔週水曜に仕事先の人や友人を招いて水曜のみという飲み企画やってます。
カウンター大活躍^^

友人の家具のデザイン会社に渡したアタリの寸法図面。
カウンターは造作して作ってもらいました。

メンバー紹介

ここで僕らの紹介を。

スナイ(わたし)
グラフィックデザイナー
1984年生まれ
http://sunaidesign.tumblr.com
田口くん
プロダクトデザイナー
1984年生まれ
https://www.tagutagujp.com/
デニスさん
プロダクトデザイナー
1977年生まれ
https://www.instagram.com/denisguidone/

全員フリーランスのデザイナーです。
デザイナーがオフィスを作るとこんな楽しいスペースになりますw
僕らはLinoを作る前に表参道のシェアプレイスを借りていました。
Blanq Aoyamaという所で、僕らはそこで出会ったわけです。

思い出深いBlanq Aoyama

僕らは去年の3月まで表参道にある301という会社のスペースを間借りしてました。301は自社のオフィスをBlanq Aoyamaという名でフリーランスに解放していました。Blanq Aoyamaは、301の会社でもあり、フリーランスのシェアオフィスでもあったわけです。僕等がいた頃はフリーランスが5〜6人スペースを借りていました。

301やBlanq Aoyama周辺の人々は面白いメンバーが多く、日々刺激を受けあったりしていました。非常に近い距離感の中、お互い仕事をしたり、ランチを食べたり、オフィスでお酒を飲みながら話したりしました。
301をハブにしてコミューンのようなものが形成されていて色んなキャラが立った人が往き来したように感じます。

「何が面白い場たるか?」の軸は人です。
一等地に立派な洒落た施設をつくり、利用者同士が交流できる、あるいはストレスなく仕事できる仕組みをつくってもいい場にはならないのです。
『異業種交流!』『繋がって仕事にできる!』なーんてお金や仕事やコストが安いリソース目的のさもしい人間だけ集めても面白い場にはならないし、次代を担う新しいものなんぞ生まれる気がしません。

人が大事。本当に。
運営主体者がどんな人なのか?
どんなビジョンを抱えて、どう現実に落とし込むのか?
その人を軸にどんなコミュニティのツリーが育っているのか?

こういう発想をBlanq Aoyama時代に気づいたわけです。
場のドライブやプロジェクトのドライブは運営主体者と同じような温度感の人が自発的に集まったり動いたりするの肝です。
どうしたら人間は自発的に対象を育てていくのでしょう?
なーんてことを考えつつ…。

こうした体験がLinoのベースになっているんじゃないかと思います。

Blanq Aoyamaのスペース。
このカウンターもすごく好きでした。

Blanq Aoyamaを出る時

僕は301立ち上げの頃からになるので4年ほど借りしてました。
Blanq Aoyamaは40平米くらいのスペースに11人くらいが往き来し仕事をする
超人口過密地帯だったので、そろそろ別の場所に移動して作業スペースを確保したいな、なんて思い始めていました。

場所探しの一環で、都内の様々なコワーキングスペースをドロップイン利用しましたが、コミューンの密度感や人のキャラの濃さは既存のコワーキングスペースでは実現できないだろうという結論に至りました。
改めてBlanq Aoyamaのメンツの濃さや
シェアオフィスの距離感の魅力を再認識したわけです。
もう自分たちで場を作るしかないと思い至り、
田口くんと物件探しの旅が始まりました。
物件探しの話は長くなるのでまた別の機会に。

この1年を写真で振り返る

オフィス開きをして1年ほど経ちました。
ざっと写真で振り返りましょう。

内覧の様子。契約前ですね。

田口くんに描いてもらった3D図面。

床を貼る作業。すごい筋肉痛になりましたw

まだ家具が届く前は段ボールや本棚をデスクにしてました。

カウンターの高さを確認する田口くん。

Lino のロゴを作りました。

OP用にポスターを作りました。

OPの様子。

OPを手伝ってくれたスタッフへ映画や本のプレゼント。

水曜のみにて。友人のまりこさん達がご飯を作ってくれた会。

デニスさんの作品展示即売会。結構売れましたw
いろんなことがありましたね〜。

去年できたこと、できなかったこと

<当初、僕らがLinoでやりたかったこと>
・働きやすい執務空間
・内外の人たちと交流できるプラットフォーム
・イベントの実施やデザインの研究

この1年を振り返ると、

>・働きやすい執務空間
仕事は本当にやりやすい空間です。
落ち着いて集中できる空間になっていると思います。

>・内外の人たちと交流できるプラットフォーム
交流する仕掛けとして隔週水曜に水曜のみという飲み企画を実施しています。
仕事先の人や友人を招いてお酒を交えたイベントをやることで、コミューンを作りたいと思っています。
去年の夏からはじめて回数はかなりこなしてきました。
2019年は水曜のみにもう少しテコ入れがしたいですね。
ゲストを呼んだり、回ごとのテーマ設定をすることで
新規の人の流動だったり、コンテンツとしての密度が上がるんじゃないかと思ってます。
また、飯田橋〜神楽坂ゾーンは出版社、印刷会社、飲食店が多いので
そういう地元の人たちとももっと繋がっていきたいなと思います。

>・イベントの実施やデザインの研究
イベントに関しては、水曜のみをアップデートしていくことですね。
Linoコミューンの要望があれば新規でイベントを立ち上げることもできます。
こちら手が追いついてないのでいつでもリクエストはウェルカムです。
デザインの研究に関しては、去年の年末くらいから友人のデザイナー達とプロジェクトを動かし始めています。
こちらは徐々に展開できればと思います。

メンバーが増えることでさらに熱い場所にしたいですね。
だいぶ前置きが長くなりましたw

こんな人に来て欲しい

さて、ではどんな人に利用して欲しいかです。
基本ジャンルフリーだと思ってます。
Linoに興味がある人、飯田橋〜神楽坂が好きな人、メンバーの僕らと何かやりたい人…etc。
この場所を面白がってくれる人ならウェルカムです。
水曜のみにこんなコンテンツを突っ込みたい、Linoでこんなことしたいなど、
要望や企画もウェルカムです。

フリーランスでお仕事されていて、
自宅やコワーキングスペースが手狭なんだけど
1人で事務所化する前にテスト的に少人数のオフィスを体験されたい方。
あるいは、サテライトオフィス的な場所を探している企業の方。

Linoは現状、デザイナー率が高いですが
特に職種を絞っているわけではないので興味あれば一度内覧に来てください。
シェアプレイスのメリットはやはり刺激を受けることだなと思います。
それぞれの専門の知見から相互に影響し合うことができます。
自宅やいつもの会社では得れないそのメンバーだけの刺激があります。
見学も兼ねた水曜のみも実施しているので興味あればぜひ!

スペースイメージ

追加でデスクがまだ置けるので
キャパ的にはもう3人くらいイケると思います。

募集要項

前置き長かったですねw
ここまで読んで頂きありがとうございます。
具体的な利用のプランとなります。

<PLAN>
・固定デスク:¥30,000(税抜)/月
・入会金:¥40,000(税抜)
・収納:収納BOX1箱 貸与
・24時間使用可
・wifi、プリンタ完備
※2人以上で一つのデスクを利用されたい方要相談。

<お試し利用>
ご検討されている方向けにドロップインPALNも用意しております。
1h=500円/ 1day=2000円で利用可能です。
1hからお試し利用できます。
ドロップイン利用をされたい方メールください。

<内覧予約・入居_問い合わせ>
yusuke.taguchi@tagutagujp.com

<住所>
Lino
162-0814 東京都新宿区新小川町9-7 第三服部ビル B棟 202
飯田橋駅より徒歩7分 神楽坂駅より徒歩7分

最後に

シェアプレイスのメリットはやはり刺激を受けることだなと思います。
それぞれの専門の知見から相互に影響し合うことができます。
自宅やいつもの会社では得れないそのメンバーだけの刺激があります。
興味ある方お気軽にお問い合わせください!
ご応募お待ちしてます!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。