神社めぐり「建勲神社」編その①

こんにちは。
写真の編集が終わったので、少しずつUPしていこうと思います。

今回は建勲神社(正式には、たけいさおじんじゃ、通称:けんくんじんじゃ)のお話を。
境内が広いので、2回か、3回に分けて書きたいと思いますm(._.)m

織田信長公がご祭神のこの神社、大願成就•開運•難局突破•災難除けのご利益が(*^^*)

日差しの角度で少々逆光がちですが、
一の鳥居(大鳥居)は、木造の鳥居。
この大鳥居がある参道は、東参道。
ほかに階段上りが少なく歩きやすい北参道もあります。

この大鳥居をくぐってすぐの道(下の写真、朱色の鳥居をくぐって階段を上りきった先)は

末社の義照稲荷神社さんには三柱の大神さまと、
そのお隣には、
稲荷命婦元宮さまがいらっしゃいます(^-^)

個人的に建勲神社さんは、今回で4回目。
初めて参拝した日は、ちょっぴり不思議な体験をした神社(その話は長くなるのでまた次の機会に)。

まずは、末社への道ではなく
本殿へ向かう道へ…
浅めだけど、少々、急で長めな石階段を上り…しばらくすると境内図と御由緒などが書かれた看板。

後ろを振り向くと、「別格官幣社」と書かれた社号標。

恥ずかしながら、その意味を知らなかったので、調べたところ
別格官幣社とは、神社の社格の一つで、国家に功績のあった人をまつっているとのこと(28社あったらしいです)。

本殿は、まだ先…Σ(゜Д゜)

次の記事で続きを書きますねm(._.)m

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

寺院・神社めぐり~ご朱印~

京都市内の有名な寺院・神社や 、意外と知られていない神社など、自分の記録も含めて紹介。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。