梅満開

おはようございます。

3月に入りましたが、寒暖差が激しかったりするこの頃。

ようやく、春らしい暖かさになってきたなーという京都市内。

先日(2月下旬(・_・; )、北野天満宮へ出かけて来ました。

この日は、正門からでなく東門の参道(上七軒が最寄りバス停)から。

狛獅子さんと鳥居も入れたくてこんな角度で撮ってみました♪

北野天満宮には梅林(有料:お茶屋さんでの茶菓子付きで700円)がありますが、境内のいたるところに梅の木があって、人によっては、梅林へ入場しなくても満足してしまうかも(・_・;

境内は咲き始めの梅からほんのりと甘い香りがして、それだけでも癒される(^ ^)

私が行った時は残念ながら、満開ではなく咲き始めで、現在は、満開です♪

この北野天満宮には、道真を慕った梅が飛来したという言い伝えがある

御本殿の御神木の「飛梅(とびうめ)」があります。

私が行った時は、まだ咲いておらず(/ _ ; )

個人的に好きな「おもいのまま」という一本の枝に赤と白の花をつける梅もちょっぴりしか咲いていませんでしたが、

梅の花を久々に楽しんできました。

3月初旬くらいからが飛梅も含めて楽しめるかなーと思います。

今年は1月から2月の寒暖差が激しくて、比較的、遅咲きだったからかもしれませんが、花好きな方にはオススメの場所。

もちろん北野天満宮は他にも見所が沢山あります。

星かけの三光門は太陽と月を表す彫刻はもちろん、他にも色鮮やかなの彫刻が施されていて、そこを眺めるだけでもワクワクします。
(入り口なので、観覧の際は、周りを気にしながら)

門をくぐれば、撫で牛の像・・・。
ほとんどの人は本殿に参拝して、学生さんは合格祈願の絵馬を奉納して終わってしまう方が多いですが、
広い境内をゆっくり巡るのもいいものです。

ちなみに・・・

「宝物館」では現在、女性に人気の刀剣乱舞で登場する宝刀(北野天満宮で所蔵している刀) 、鬼切丸などが展示されているらしく、学生さんをはじめ女性の方や日本刀が好きな方々で賑わってました。(3月31日までらしいです。)

個人的に次は桜の季節に行こうと思います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。