献花のアシビ【試し読み版】

プロローグ


 私が嫌う記憶は、神社の本殿で行われたあのいまいましい儀式だ。
 修(しゆ)験(げん)者(じや)が、耳が痛くなるお経を唱えている。六角の黒漆塗りの頭襟をつけ、法衣である鈴懸を着ていた。手に持った錫杖が金切り声を上げる。たまにふく法螺で鼓膜が破れそうだった。
 修(しゆ)験(げん)者(じや)の後ろでは、村人たちが手を合わせ祈っている。なんという無知なのか。病から救ってあげたのに、《妖怪》ということだけで、この男の口車にのせられている。
 雲形台に置かれた神鏡の下。折敷にある水玉、高杯の上。中間に口の細長い壷(つぼ)がある。
 壷(つぼ)の中に私はいる。
「いやだぁっ!」
 たまらず叫ぶ。
 声に驚いた村人たちが恐れてあとずさった。
 小さな壷(つぼ)の口から出た、白く細い腕を花の天井画に向かってのばす。
「あたし! 何もしてないのに! どうして封印されなきゃならないのよ!」
 村人たちに向かって訴える。
 あなたたちの中にいるはずだ。
 親や子供の病が治らず、救ってくれと申し訳なさそうに頼んできた者が。
 なのにどうして目をそらす? 私を見ない? 恩を仇で返すのか?
「黙れもののけめ!」
 修(しゆ)験(げん)者(じや)が立ち上がり、人さし指と中指をのばし、ほかの指を丸めた。九字法だ。
「臨・兵・闘・者……」
 空中で線を引き始める。横、縦、横、縦……。
「いやだ! ここから出して! 出してよぉっ!」
「列・在・前!」
 術が完成し、壷(つぼ)にふたがされ、世界が闇に包まれた。
 ――これが、私がこの世に産み落とされた始まりから終わりまでの中で、もっとも嫌う記憶だ。


試し読みはここまでです。


【おしながき・販売リンク】

おしながき

Amazon

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

因幡雄介

試し読み集

試し読みを集めました。 【プロローグ】のみ公開。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。