またまた新しいマガジン作成(汗

すみませんすみません。

なんかね。

ひとさまの作品を、気軽に紹介するっていうのも、
この、noteっていうサイトの醍醐味の一つかもって思って、
今日、ふっと琴線にふれた作品を、
わがはい(?)が気ままに作ったマガジンに、
収集してしまいました(汗

はたして「マガジン」の、こういう使い方というのはありなのか。

でも、こういう楽しみ方も、ありだと思うし、
こういう作業の末に、マガジンの枠を使い切って、
課金するのもまた良しだと思うし、

色々いいことづくめだと思うので、迷うならやってみよう。

なお、私の作品も、
お試し目的で、どんどんマガジンに登録していただいて、構わない。
そういうお試しを通じて、より洗練されたマガジンが
生まれればいいなっと思っています。

5

超!

私の琴線にふれた作品を、収集してみるマガジン(仮)

私の琴線に触れたひとさまの作品を、こそこそと収集してみるテストです。苦情や批判はお手柔らかにお願いします(気絶
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。