知性と感性とセンスの違いを知ったところでどうなるのw

こんにちは、あっきーです。

ちょっと気が向いたのでnoteを書いてみます。
前置きは面倒くさいので、知性と感性のセンスの違いが知りたい人だけ読んでください。

センスや感性を磨きたい、という言葉はよく聞きますが、あれって実は本質的ではないんですよ。

センスや感性を磨きたいのであれば、まずはセンスとはなんぞや?感性とはどこからきているのか?を理解しなければならないでしょう?目的がぼんやりしているのに、何の練習をするのかって感じですよね。

ではでは、超簡単に知性と感性とセンスの違いを書いていきます。

これは、俺が知りうる限り、最も思慮深い人に教えてもらったことを噛み砕いた結果のnoteです。いざ。


まず、知性と感性とセンスの相関関係について。
赤ちゃんの頃には感性もセンスもありません。

つまり、知性が起源となっています。
知性とは、知識、情報量とかそんな感じですね。

手始めに、「この肉うめえ!」と思います。うまい肉の味を知る。これが知性です。
そして、「まずい肉とうまい肉、どう違うんだろう?」と思います。これが感性の種になります。

「なるほど、いい肉は臭みがないし、脂がしつこくないのか。」というように、違いがわかってくるようになります。
そうなると、「この肉はうまい(臭みがなく、油がしつこくないから)」になり、深みが増します。この深みのことを、人は感性と呼びます。

逆に、「この肉はまずい(臭みがあって、油がしつこい)」も感性です。

そうしていくうちに、うまい焼肉屋を選ぶのが上手になってきます。これがセンスです。

つまり、最初に肉の良さを学び(知性)、何でうまいのかの理由が分かり(感性)、うまい焼肉屋を選べるようになります(センス)。

この続きをみるには

この続き:990文字

知性と感性とセンスの違いを知ったところでどうなるのw

あっきー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたからもらったサポートは、主に焼肉、コーヒー、酒、あとは俺のモチベーションに変わります。

ハンバーグ大好き!
5

あっきー

主に心理学についてのnoteを書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。