見出し画像

小学1年生が撮ったスナップ写真

子育てをしていると、1人で好きなように写真を撮るのが難しいときがあります。

生活の中心には家事や育児があって、そこに仕事が重なれば趣味にはなかなか時間をかけにくいのが現実です。

そんな状況でも写真を楽しむなら、近所のスナップを積極的にやるべきじゃないかと思います。散歩や買い物といったちょっとした外出であっても、カメラさえあればストレスがふっ飛びます(僕の場合です)

近所なのでなかなか映える風景には出会えませんが、それがいい。撮り方やアイディアで自分なりの工夫をしていく喜びは大きいものです。

近所のマジックアワー | ハッセルブラッド
フィルムカメラ好きのモーニングルーティン

先週はカメラを持って長女の学校のお迎えに。

ライカやらKissやら、自分の装備がコンパクトになってきたおかげでこんなシーンでも持ち出しやすい。

娘を出迎えると、うらやましかったのか自分もカメラを持ちたいと言ってきました。


小学生って、学校の帰り道でどんな写真を撮るんだろう?


そんな興味もあって、僕は彼女にカメラを手渡しました。とりあえず中身がモノクロフィルムであることだけは伝えて。

スナップシューター気取りの娘。我が子ながら凛々しい姿...!(親バカでごめんなさい)


何度かファインダーを覗いては、一丁前に「違うな〜」とか言ってます。

これでこれで良い時間だけど、1枚くらいは撮りなさいよ。

もしかして、親のサイフにでも気を使ってるんだろうか...?



それからしばらく進んだのち、彼女は立ち止まって足元にレンズを向けた。


なるほど。いいじゃない。

モノクロだから子供なりに面白い形を探したのだろうか。これを撮った理由も聞いておけばよかったかな。



結局彼女はこの1枚で満足したようで、カメラはすぐ僕の元に戻ってきた。

「写真見せて」とも言われてないから、ただカメラを構えたかっただけだったのだろうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

みなさまからのサポートはフィルム代や現像代に使わせていただいております。

フィルムはいつまで使えるのだろう。
70

ワタナベ

写真好き。1985年生まれ、東京都出身。noteでは我が家の子供たちをフィルムカメラで撮る「ワタナベ家の写真日記」を更新中。いろんなフィルムカメラで撮ってます。

ワタナベ家のフィルム写真日記

東京に住む大人2人と子供2人。ワタナベ家の暮らしをフィルムカメラで記録する写真日記です。ほとんどは日常の写真で、たまに旅行やお出かけも。日ごとに変わっていく子供の成長をファインダー越しに見守っていきたいと思っています。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。