見出し画像

【レポ③】人に寄り添う革新的サイバニクス技術【ノーベルプライズダイアログ東京2019】

4部構成のノーベル・プライズ・ダイアログ。
第1部「長寿化と社会」のレポ3つめです!

前回までのレポはこちら
人口高齢化を重視すべき理由
長寿社会における生き方

人に寄り添う革新的サイバニクス技術

人・ロボット・情報系が融合複合した新しい領域『サイバニクス』を創成。世界初のサイボーグ型ロボット「HAL」を開発したCYBERDYNE株式会社CEOでもあり、筑波大学システム情報系 教授でもある山海嘉之先生。インタビュー形式でお話しを伺った。

内容としては、

・世界初のサイバニクスシステム
→頭の中で考えるだけでロボットが動く「着用可能なサイボーグ」が開発された。歩くのが困難な高齢者だけでなく、幅広い年代の患者にも有用。たとえば、2歳のときに事故で完全脊髄損傷になり10年以上体が動かなかった少年が「HAL」を3時間練習しただけで動けるようになった事例がある。

・ロボットとサイボーグの違い
→ロボットはコンピュータ自体が機械の動きを制御している。
 サイボーグは人の脳が機械の動きを制御できるもの。

・再生医療との融合へ
→サイバニクスは、途切れてしまったシナプス(神経細胞間の結合)が神経細胞や筋肉へと繋がるように、改善のサイクルを回すきっかけとなる技術。神経系を大きく損傷してしまった患者にも有効だが、神経細胞自体を増やす必要もある。そこでiPS細胞を用いた再生医療の第一人者である京都大学の山中先生、慶應義塾大学の岡野先生とタッグを組んで進めている。

・コンピュータに人の考えが読み取られる恐怖
→日本人はハイテクを好んで使っているという印象はあるが、IoH/IoT(人と物のインターネット)については今後議論が必要と考えている。

  

今現在は、機械を軽量化することや、皮膚の下に入れられるような半導体チップの開発も進めている。今後の展望として、サイバニクスの発展によって パーキンソンや筋ジストロフィー患者への介助負担を軽減することにも繋がるのでは、とおっしゃっていた。

ここまできたか、テクノロジー。サイボーグというものも漫画や映画の中だけの話じゃなくなってきたのね。
  
これまで独立して発展していた「医療」と「情報系」の分野が、その垣根を超えて融合していく・・・良き。
最近、企業とかだとジョイントベンチャー(複数の会社が共同で事業を行うこと)で相乗効果が起きてるよね。ビックカメラとユニクロだったり、LINEとサイバーエージェントだったり。
学術系は比較的「閉ざされた分野」な部分が多いと思うけど、この「医療と情報系」を皮切りにいろんな分野でも融合が起こって、相乗効果的に発展していくといいな。

   

  

#ノーベル賞 #ノーベルプライズダイアログ #サイエンス #研究 #学会 #シンポジウム #教育 #社会 #科学 #高齢化 #寿命 #老化 #世界 #経済 #コミュニティ #テクノロジー #IoT #医療 #情報 #ベンチャー #システム


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

すぅさん

元研究者。旧帝国大学の大学院卒。大学から就職先の食品メーカーに至るまでに、脳の左右差、脳腸相関、腸内細菌、抗老化など幅広い分野での研究を行ってきた。現在は不登校やいじめに悩む子どもたちへの学習支援を行っている。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。