見出し画像

偏差値や知能だけ磨いたアホは世の中じゃあ通用しない…。

もうすぐ60歳になる従兄を車に乗せて走っている時に
助手席に座る従兄がボソっとつぶやきました。


「自分勝手な奴多いなぁ」


一見すると年配者が口にする「最近の若いもんは…」
のような話に聞こえるんだけど
決してそんなんではなく、その一言は
本当に今の世相を表すような気がしたんですよね。

車の運転にその人の本性が見えると良く言われるように
最近は車の運転マナーが悪い人が増えたのも偶然じゃないと思います。

煽り運転とか飲酒運転
最近は煽り運転が流行り病のように猛威を振るってますが

画像2


個人的に意味不明なのが…
運転中に携帯を使っちゃいけないからって
道路に止まって電話している車。


もっと止めるところ他にあるやろ!

…ってとこに止まっていることが大半だから恐ろしい。


画像2

あんたのその駐車のせいで余計あぶないわ!

そういう人は自分が違反をしていないって感覚なんだろうけど
交差点や見通しの悪いカーブ
そもそも駐停車禁止の場所であったり
「運転中の携帯はダメ!」ってルールを守っているつもりなんでしょうけどそれ以前にゴリゴリの交通法違反だから
もう何が何だか意味不明です。

この違反を回避するために新しい違反を平気でする。


アホなん?


善悪の判断というか
何が本質で主旨がなんなのか全く見えてませんやん。


自分勝手すぎるし
自分が間違っていないと思ってる。

だからこそ余計タチが悪い。

画像3

これって偏差値や知能といったものじゃなく
人としてどうあるべきか
人としての資質が大幅に欠落していると思うんですよね。


いくら勉強できたってこういう人は賢いとはボクは思えません。
だって本当に賢い人はこういう発想になりませんもん。

普通なら絶対「あっ!ここ停めちゃダメだな」
「ここは危ないな」とか思うはずですもん。


もっと言えば電話に出ることすらしないはず。


電話に出るという選択肢しかない時点でアホなんですよ。

画像4

勉強も大事ですけど
人を大切にしたり
他人に幸せを与えたり
人間力を磨いていかないと
何を積み上げてもそれは所詮ハリボテのようなもんですよ。

もっと言えば本当の学びや努力を続けている人間には
そういう「自分勝手」なくだらない発想にはならない
と思います。


確かに勉強は大切ですよ。
偏差値や知能も
ないよりあった方が良いとは思いますが
これからはそれがあるからいいって世の中じゃなくなってきます。
…っていうかもうすでにそうなっているけど
益々その差が広がっていくでしょうね。

画像5


往々にしてお金持ちや成功者と呼ばれる人は
人としての資質の面も充実していて
人間力、精神力、知性、のような魅力的な能力を持っています。

統計を取ったわけではないので正確なことはわかりませんけど
そういう人間力のある人は間違いなく
道端に車を停めてアホみたいな顔して電話なんかしないでしょう。

画像6


勉強も大事ですが
それを支える人間力がないやつには
お金や運や成功なんて巡ってこないと思いますけどね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!お気持ちは寄付させていただきます。

ありがとうございます。みなさんが幸せでありますように。
45

スージー4

「運」と「お金」の因果関係をココロの経済学を通して書き綴っています。。見えない「運」を脳科学、心理学、統計学などからアップデートしてみるnote♪ きふる掲載中 http://kifuru.org/support/stingy-countries-japan/ /会社員随筆家

「運」をアップデートする

「運」をアップデートして100年時代を豊かに生きるマガジン

コメント6件

仰る通りですね。
シェアします!
ながさわかつひろさん。ありがとうございます。
シンプルですけど選択肢が2択しかない人が多い時代のような気がします。
自己中の人多いですね。昔なら携帯代高いから掛け直すの嫌ですぐ出たかった人もいたろうけど、今は色々進んで携帯代無料多いから、迷惑ない場所に停めてゆっくりかけ直せばいいのにね。
ちなみにテレビで段ボールの山の直前で停止する実験した結果、その時突然携帯鳴ると、若い人でも間違えてアクセル踏む人結構いてびっくりでした。運転中に不意に音が鳴るだけでも事故の原因です。バイブか運転モードにすべきですね〜って話が長くてブーン。
宮咲アンナさん。ありがとうございます。自己中の人って選択肢が極端に少ないんですよね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。