心が病んでいると思った時は寄付してみる。

「見返りを求めず与える」

これって良く言われる基本的なことですけど
これがなかなかに難しい。

それは現代が
「~したから~が得られる」という
関係や環境にドップリと染み込んでいるからで
それ以外の選択肢や行動がなかなか思いつかないからと言えます。

どうしたって見返りを求めちゃいますよね。
そう思わないようにしたって
なんだかんだ期待しちゃうものです。


私達は
時間という対価を払ってお給料を得ていますし
それで得たお金で自らの望む
物品やサービスという対価を得ています。

それが資本主義の本質であるかのような方程式
教育の中で育ってきたからしょうがない気もするんです。

ですから
「見返りを求めず与える」
という行為に違和感や抵抗を感じやすいのだと思います。



でも

それを無条件で「与える」練習、訓練ができるのが

「寄付」

寄付は「見返りを求めない」練習として最適です。

いろいろ考えてみたんですけど
寄付以外のものって
どうしても褒めて欲しいと願ってしまうものです。

だけど寄付で見返りを求める人っていないですよね。
だからめっちゃ訓練になるんです。

じゃあ訓練したらどうなるのかって話。

この訓練を繰り返し行って常連化してくると
不思議と「運」が舞い込んでくるようになるので本当不思議です。

これ本当に不思議なんですよ。

これとっても大事なんで2回言いましたよ。
でも…なんの科学的根拠もないので
興味のない方はスルーしちゃってくださいね。

でもですね、
統計的には「そう思う」「運が良くなった」と答えた人の割合がとても多いので非科学的ではあるけれども、寄付をした人に何らかの変化が起きてくるのは否定できないと思います。

逆説的ですけど
仮に見返りが返ってこなくても
この精神状態の変化が見返りの行動だったとも言えます。


潜在意識的にも自分は寄付が「できない」とか、「しない」と思うことは
自分には余裕がない
他人に構ってられない
というネガティブな思考が働いてしまうので良くないとも言われます。

寄付をしないことがネガティブなのではなく
「寄付をしない」「できない」と言い訳を思考することが
潜在意識的に良くないということです。


反対に「寄付できるよ」と余裕を持つ訓練をしておくことで
いつの間にか幸運が舞い込んでくるという現象が起きている人の割合が多いのは決して偶然ではないはず。

めっちゃ良い言い方をすると

寄付は「自己肯定感」を高める最も最良の方法であり
自分の潜在能力を引き出してくれるもの

と言えるんじゃないでしょうか。

結局。「寄付」をすることで見返りを求めていないはずが
目に見えない何かをその代償として得ているってこと。

これぞ
「与えることによって与えられる世の中」の証明ですね。


だんだん難しくややこしくなってきましたが…


多くの人は
余裕がないから寄付をしないとか
余裕ができれば寄付をしようと思う人は多いはず。

…でも余裕なんていつまでたっても生まれませんから。

欲望なんてもんは無限に広がるので自分の収入が増えれば
きっと今は思いつかない欲望が同じだけ増えるので
結局余裕なんて一生できるわけないんです。


寄付をする金額の大小ではなく
寄付をするという行為を続けて
自己肯定力を上げてみる。

自己肯定力が向上してくれば
見返りのないことに迷ったり腹を立てたり
精神を乱されるようなことは少なくなってくるんじゃないかな。

最近の精神病が多いのは実は
この自己肯定力の低下にあるんじゃないかと思っているんです。

肯定力っていっても、わがままや自己中心的という意味でなく
心の余裕って意味の肯定力です。

心の余裕がないなぁって感じたり
自己肯定力が足りないなぁって感じた時は
寄付をしてみることをおすすめします。


寄付をするってことは誰かを助けるってことだけじゃなく
結局、何らかのかたちで自分に帰ってきてるんですよ。

見えないものを扱い味方にするには
見えないものを大切に扱うことと同じだと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!お気持ちは執筆活動の種として還元させていただきます。

ありがとうございます。みなさんが幸せでありますように。
26

「運」をアップデートする

「運」をアップデートして100年時代を豊かに生きるマガジン
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。