見出し画像

自分が思っている自分になる方法。

自分ではそう思っていないのに
人から「〇〇だよね」って言われて
初めて自分ってそういう風に思われてるんだぁって
気づくことがありますよね。

この自分で思っていることと
他人が見ていることの「差」ってなんだろうって考えてみたんです。

他人が人を見て評価するのは
その人の「行動」「言動」が大きく影響します。

ウソ、大袈裟、紛らわしいなどのくだらない噂話や
第一印象のような根拠もない勝手なイメージもあるでしょうけど
本質はやっぱり「行動」「言動」
その人がどういう人かを判断する基準になりやすいと思います。

「行動」はだいたい見たまんまで、
誰が見てもそう大差はないはずです。
脳と行動を分離して思考するのは難しいし
笑いながら殴ることが難しいように
行動と感情は密接に繋がっていると考えられるので
「行動」から相反したイメージを持たれることってそうそうないはず。

…とすれば
自分と他人が見ていることの「差」って突き詰めると
「言動」なんじゃないかなと思うんです。

思っていることと真逆の言葉を発したり
面倒くさくて適当に返事してみたり
何も考えず勢いで言ってみたり等々…

振り返ってみると自分の意志とは反した言葉
案外多く使っちゃっているケースって多いもんです。


自分ではそんなに意識していないことでも
相手にとってみればそれはエネルギーとなって飛んでいく。
そしてそれが言葉を発した人のイメージを作り上げていく。

そんな積み重ねが
他人が見ていることの「差」になるんじゃないかな。


言葉ってその人の価値感や習慣を表すものだし
自分は何気なく使っていても
「僕はこういう人間だぞー」って発表しているのと同じなんですよね。

そう考えると
自分の発する「言葉」をもっと大切にしようと思うし
愚痴や不平不満を言わないようにした方がいい。
そして
他人を簡単に否定すべきではないって思う。

だって言葉ひとつでそう判断されちゃうから。

昔から「言霊」と呼ばれるものがあるように
言葉にエネルギーが宿っているとすれば
自分で自分の価値を下げる言霊を発しないことが
本来自分が思っている姿
自分が思い描いている姿と
他人の見る目が一致してくるんじゃないかな。

人に良く見られたい。
人間関係を良くしたい。
って思うのならなおさら…。
他人なんて気にしないって思う人も
自分自身に素直に向き合うのなら
言葉の使い方ひとつで
自分が思っている自分になれるのだと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!お気持ちは寄付させていただきます。

ありがとうございます。あなたに幸運が訪れますように。
17

スージー4

「運」と「お金」の因果関係をココロの経済学を通して書き綴っています。。見えない「運」を脳科学、心理学、統計学などからアップデートしてみるnote♪ きふる掲載中 http://kifuru.org/support/stingy-countries-japan/ /会社員随筆家

「運」をアップデートする

「運」をアップデートして100年時代を豊かに生きるマガジン
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。